ガソリンスタンドで車内清掃!素人が落とせない汚れと臭いもプロが対応!

車を持っている人が日常的に利用するガソリンスタンド、いまや3軒に1軒はセルフスタンドの時代です。
1998年の消防法改正以来、日本国中47都道府県すべてに普及しました。

セルフスタンドは人件費を大きく削減できるという理由から、ガソリン価格もフルスタンドよりも安く設定されることが魅力となり多くの人に利用されています。

しかし、ガソリンスタンドで得るサービスは給油だけではありません。
研修を受け経験を積んだプロによる「車内清掃」がその一つです。
プロの清掃技術を求め、中古車を購入した人から普段の清掃を依頼したい人まで、ガソリンスタンドの車内清掃サービスが利用されています。

車内の清掃をご自分でしている人にとっては、その内容を知らないと高いものに思えるかもしれませんね。
ただ、多くの人が利用しているには、お金を払ってでも利用する価値があるからではないでしょうか。
車内の清掃は自分でする!と決めてしまうのは、ガソリンスタンドの車内清掃サービスの詳細を知ってからでも遅くはありません。

そこでガソリンスタンドで提供している車内清掃のメニューと詳細、利用するメリット・デメリットをご紹介します。
今回の記事がガソリンスタンドで車内清掃を利用するかしないかの判断のお手伝いになれば幸いです!

目次

ガソリンスタンドで車内清掃を利用している人ってどんな人?

ガソリンスタンドで車内清掃を利用している人は様々です。

  • 手間をかけずに車内をキレイにしたい
  • 自分でするものの思ったようにキレイにならないのでプロに頼みたい
  • 放置してしまった汚れを除去したい
  • こどもがいるので雑菌やカビを除去したい
  • フロントガラスなど車内の清掃に時間がかかりすぎて面倒に感じる
  • 年に一度、隅から隅までキレイにしたい
  • 車を売る前にタバコやペットの臭いを取りたい

共感する理由が一つはありましたか?いくつも!という人もいるかもしれませんね。

このように多くの人が、車内のクリーニングをしなくてはならないと考えています。
自動車の室内は、思っている以上にすぐに汚れてしまうからです。

「車内は簡単に汚れる」という現実

車の室内は簡単に汚れる

車内では目的地までただ座っているだけでなく、食べ物を食べたり飲み物を飲んだり音楽を聴いたり、または同乗者が眠ることもあり、まさしく家のリビング状態です。

お子さんがいればなおさら、食べたり飲んだりすることがあるかと思います。
そのように過ごす車内で汚れが発生することは、とても自然なことです。

まずは、清掃で落としやすい汚れ、そして落としにくい頑固な汚れにはどのようなものがあるのか車内の各場所別にみていきましょう。

比較的落としやすい車内の汚れ

車内全体にあるホコリやチリ、または食べカスも拭き掃除や掃除機がけで綺麗になります。
フロアマットの泥汚れも乾燥させた後に掃除機やブラシで泥を除去したり、お湯と洗剤で洗うなどすると汚れ落としができます。

落とすのが困難!車内の頑固な汚れ

なかなか落とせない車内の汚れ

一度付いたら落とすことが困難な、以下の汚れもあります。

飲みこぼしのシミ

走行中は飲み物を飲むことが多いと思いますが、コーヒーやジュースなどを車のシートなどにこぼしてしまうと、これがシミになってしまいます。

ステアリングの汚れ

運転中、常に握っているステアリングは手の脂や汗でかなり汚れます。目に見えるくらい汚れている場合もあるでしょう。ステアリングを握るたびに不快では運転は楽しめませんね。

フロントガラスなど内窓

ホコリだけでなく、窓に手を当てたことで_脂が付きますし喫煙者がいる場合はヤニも付いています。内窓にはこのように水性と油性両方の汚れが付きます。特に、油性の汚れは除去が厄介です。
またフロントガラスが汚れていると視界が悪くなり、安全走行に大きな影響さえ出てしまいます。

▶︎フロントガラス内側の掃除も億劫にならない!汚れ対策5選と曇り止め対策

ペットの抜け毛

可愛いペットと車で移動される人も多いですね。ペットの種類や季節にもよりますが、抜け毛がシートに付くと除去が大変です。

タバコのヤニ

喫煙者がいる場合は、タバコのヤニが天井から内窓、カーシートと車内全体に付いてしまいます。天井は普段見上げることは少ないですが、車の天井汚れの代表はタバコのヤニと言われているほどです。

嘔吐のシミ

体調不良やお酒の飲み過ぎで車内で嘔吐してしまうことがあります。

袋などが間に合わず嘔吐してしまう場合は、服はもちろんカーシートやフロアまで吐瀉物がかかってしまうこともあります。嘔吐のシミはしつこく、なかなか落とせません。

血液のシミ

鼻血が出たり、怪我をしたままで車に乗ったときなどに付く血液も落ちにくい汚れの一つです。
ウエットティッシュなどで緊急処置はできるものの、完全に除去するには労力がいります。

汚れとともに厄介なのが「臭い」

車内の臭いは清掃では落ちない

車内の汚れをリストアップしてみましたが、忘れてはいけないのがその「臭い」です。

食べ物や飲み物など一過性の臭いもありますが、タバコ・ペットなどの臭いはいったん付いたら自然になくなることがありません。
タバコを吸わない人、ペットを飼っていない人には極めて不快です。

車内の汚れには、このようにいろいろな種類があることが分かりました。

ここからは、ガソリンスタンドの車内清掃にはどのようなメニューがあるのかご紹介していきます。
ドライバーのリクエストに応えるものが揃っていますのでみていきましょう!

ガソリンスタンドの車内清掃メニューあれこれ

ガソリンスタンドの車内清掃にはいろいろなメニューが揃っています。
車内全体のクリーニング、または部分的なクリーニングと大きく二つに分かれています。

さっそく、料金の目安・所要時間など詳細をみていきましょう。
なお、料金は利用するガソリンスタンドや車の大きさで異なり、あくまでも目安としてご参考にしてください。

また最近では、ガソリンスタンドにキーパーのような洗車やルームクリーニング専門店を併設しているところもあります。

室内清掃

料金:1,000円~1,500円
所要時間:20分~

室内清掃はカーシート・足元の掃除機がけ、専用クリーナー使用で内窓の手垢やヤニ落としがメインになります。
時間とお金が一番かからない基本的な室内清掃は、カーディーラーやカー用品店の料金と比べてもリーズナブルです。

※お役立ちメモ

ガソリンスタンドに給油に寄ったついでにご自分で清掃をしたい人には、セルフスタンドに設置の掃除機をご利用することができます。
5分使用で100円ほどと、気軽にまた手軽にご利用できます。

スーパースチームクリーナー(車内全体の清掃)

料金:15,000円~30,000円
所要時間:半日~

特殊洗剤と高圧高温水によるスーパースチームクリーナーはガソリンスタンドならではの清掃サービスです。

大量の温水で丸洗いし、汚れや臭いを根こそぎ除去します。圧倒的な洗浄力がある丸洗いの後は遊離した汚れやカビ、臭いの粒子を吸引・回収し、ペットやタバコの臭いも消臭します。

繊維に優しい専用洗剤と高温水で、カーシートに新品のような風合いが蘇ります。
残った水分も高温のため、1~2時間あると乾きます。

スーパースチームクリーナー(ワンシートまたはフロアマットの清掃)

料金:3,000円~

スーパースチームクリーナーの車内全体の清掃を部分的に行うメニューです。
必要な部分だけお願いすることで頑固な汚れや臭いを除去するだけでなく、料金もリーズナブルです。

主な3つのメニューをご紹介しました。
しかし、ガソリンスタンドで提供している車内清掃にはまだまだスペシャルメニューが用意されています。

車内清掃のスペシャルメニュー

続けて、他のメニューをみていきましょう。

車内清掃プレミアム

料金:4,000円~
所要時間:50分~

車内清掃に「除菌・抗菌処理」をプラスしたメニューです。
内窓拭き・掃除機がけ・マット清掃・ダッシュボードと灰皿清掃が含まれます。
車内は雑菌が繁殖しやすい絶好の環境です。除菌・抗菌効果でイヤな臭いも消臭、車内空間が快適なものになります。

花粉プレミアム

料金:6,000円~
所要時間:70分~

花粉に悩む人のためのスペシャルメニューです。
内窓拭き・掃除機がけ・マット清掃・天井拭き・エアコン内清掃・ダッシュボードと灰皿清掃に除菌・抗菌処理を加えた車内清掃と一緒に、エアコンフィルターも交換したい人におすすめです。
見えない雑菌もキレイにしますので、小さいお子さんやペットを車に乗せる人には快適で安心した環境にすることができます。加えて、インフルエンザなどの予防にも一役買います。

さらに、部分別の車内清掃についてご紹介します。

部分別の車内清掃メニュー

車内全体の清掃は自分でするとして、ガソリンスタンドには自分の手に負えない汚れを部分的だけを依頼したい人もいますね。

嘔吐清掃と消臭

10,000円~

シートを取り外し95℃の熱湯で10分ほど座面を洗浄した後、スーパースチームリンサーで水分を強力吸引します。そして、除湿機を使って乾燥させます。
浮き上がった吐瀉物を専用洗剤とスーパースチームリンサーで洗浄した後に、強制乾燥そして除菌・抗菌加工をします。

シートを取り外さなくても良い場合は、8,000円~と料金も安くなります。
この場合は、専用洗剤とスーパースチームリンサーで嘔吐の部分を洗浄し吸引した後、130℃の蒸気がでる業務用スチーム機材で10分ほど殺菌します。

この後はシートを取り外す場合と同様、除湿機を使って乾燥→浮き上がった吐瀉物を専用洗剤とスーパースチームリンサーで洗浄→強制乾燥そして除菌・抗菌加工のステップとなります。

チャイルドシートクリーニング

6,000円~

お子さんの安全に欠かせないチャイルドシート。一番汚れるシートでもあるのではないでしょうか。
食べこぼしや飲みこぼしだけでなく、大人以上にかく汗や雑菌の宝庫になるチャイルドシートは徹底的な清掃をしたいですね。

まず破損等がないかの確認に始まり、特殊なパルスエアガンでホコリやゴミを除去します。そして、130℃の高温スチームで汚れ浮かしと殺菌をし、専用洗剤で座面をブラッシング。次にホットリンサーの80℃の温水ですすぎ、乾燥させます。乾燥後に、除菌・抗菌加工をして完了となります。

タバコ臭・ペット臭・尿などの消臭

5,000円~

車内の汚れとともに気になるのが「臭い」です。
タバコ臭はアセトアルデヒトをメインに様々な成分が混ざり合った臭気のため完全に消臭することが難しいですし、消臭剤や芳香剤などを利用して消臭しようとしてもなかなか効果を得ることが難しいと実感している人も多いでしょう。
そんな困った問題もプロの専用機材や、無光触媒、オゾンや消臭剤などの消臭剤を利用することで車内の臭いを除去することができます。

様々なメニューをご紹介しましたが、自分でするのとは違うプロの車内清掃だということをお分かりいただけたと思います。

それでは、改めてガソリンスタンドの車内清掃を利用する際のメリットそしてデメリットを確認してまいりましょう。

ガソリンスタンドの車内清掃を利用するメリット4選

⑴ プロならではの清掃

ガソリンスタンドの車内清掃を利用する一番のメリットは、やはり「プロならではの清掃」ということが言えるのではないでしょうか?

専用機材や専用洗剤を使っての清掃は、素人では難しいところまで綺麗な仕上がりが期待できます。
様々なタイプの自動車と接しているため、クリーニングのコツもわきまえています。

ガソリンスタンドによっては、きちんとした研修を受けた技術と知識のあるスタッフによって車内清掃が行われます。

例えば、嘔吐などでカーシートが最悪に汚れた状態になってしまったとしましょう。
ご家庭では困難でも、ガソリンスタンドではカーシートを取り外すことができ徹底的な洗浄をすることが可能です。

このように、自分ではできない清掃をプロに任せることこそが大きなメリットになります。

⑵ 時間の節約になる

慣れない車内清掃を自分で苦労してしたものの、満足の得られない結果になることがあります。満足のいく仕上がりにできるとしても、相当の時間をかけることになります。

例えば、自分で車内清掃をするとき、フロントガラスの内側はかなり拭きずらいと思いませんか?苦しい体勢で挑むものの、拭き残しや拭きムラがでてガッカリということも少なくありません。

その点、ガソリンスタンドのスタッフはこのような清掃にも慣れています。リピーター獲得には車内清掃が欠かせないと言われる通り、スタッフはテキパキとした動きで清掃してくれます。

車内清掃を任せている間に買い物や家事など他のことをしたり、お茶で一息ついたりすることもできますね。
ガソリンスタンドでの車内清掃は、時間の節約・有効利用という意味でもメリットになります。

⑶ 手間要らずで快適空間を手にいれられる

お金をかけることで、手間をかけずに愛車をキレイにすることができます。
キレイにするということはホコリやチリが落ちていないだけでなく、シミ一つ無い除菌・抗菌までされたクリーンな車内環境を手に入れられるということです。
特に、真夏の暑い時期、真冬の寒い時期の清掃作業は大変ですが、ガソリンスタンドへ依頼すればそれも避けられます。

カーシートにシミが付いている車と付いていない車、乗り込んだ途端にタバコの臭いがする車としない車。どちらも除去に困難なものですが、乗りたい車はどちらか疑う余地がありませんね。

⑷ 高い査定がつく

車を売りたいと考えるとき、少しでも高く!と思うのは車のオーナー誰もが考えることですね。その分、次の車の購入により多く回せます。
では、高い査定がつく車とはどういった車でしょう。

一般的には人気の車種、走行距離が短い車、無難な車体色などが挙げられます。
そして、「内装が綺麗で、タバコの臭いがない」も査定が高くつくことをご存知でしたか?

このような理由から、車を売りたい人にはガソリンスタンドで車内清掃をすることによって査定額があがるようにできるのがメリットです。
車内清掃をしっかりして、高い査定を勝ち取ってください。

メリットが分かったところで、デメリットもみてみましょう。

ガソリンスタンドの車内清掃を利用するデメリット2選

⑴ 費用がかかる

自分でする車内清掃と比べ、ガソリンスタンドへ依頼する場合はもちろん費用がかかります。
自分でできる清掃は自分で、できない汚れ除去のみをガソリンスタンドへ頼むといったやり方がおすすめです。

もちろん、安い料金なので掃除機がけでも給油のついでにお願いする人もいます。自分で掃除するにしても掃除用具や時間の確保などありますから、どちらがベターな選択かによってデメリットにならないケースもあります。

⑵ 一律でない、スタッフの清掃スキル

利用するガソリンスタンドによって、スタッフの清掃スキルが一律でない場合があります。信頼できるガソリンスタンドが近所にあれば良いですが、無い場合はお金をかけたのに仕上がりに満足のいかない結果となってしまいます。

メリット・デメリットがはっきりと分かりました。
ガソリンスタンドの車内清掃を利用するかしないか決める参考になりましたか?

最後に、ガソリンスタンドの車内清掃を利用する際の混雑予想時期をご紹介しましょう。

▶︎車内クリーニング!プロによる料金はいくら?作業時間は?

週末や年末の混雑を避けよう!

ガソリンスタンドに限らず自分が何かサービスを利用したいときは、他人も利用したいときとなる事が多いですね。
事前に把握することで、混雑する時期を避けましょう。

一番の混雑時期 12月29日~大晦日12月31日
12月27日ころから混み始め、年末そして年始も混雑は続きます。
この時期は、ガソリンスタンドの開店直後から車内清掃に限らず洗車など多くの人によって利用されます。
新年を迎えるにあたって車をキレイにしたいのと、年末年始休暇で時間があることが重なっての理由となります。

ガソリンスタンドで車内清掃!素人が落とせない汚れと臭いもプロが対応!まとめ

  • 車内は頑固な汚れや臭いで結構汚れる
  • ガソリンスタンドの車内清掃は全体の清掃と部分清掃が用意されている
  • ガソリンスタンドの車内清掃を利用する一番のメリットは「プロならではの清掃」
  • 時間の節約、手間要らず、高い査定がメリット
  • デメリットは費用がかかること
  • ガソリンスタンドの混雑時期は年末年始

車内清掃をしてキレイにしておくことは、車のメンテナンスの一環としてとても大切です。
自分で落とせない、しばらく放置してしまっている汚れもガソリンスタンドの車内清掃なら手遅れではないかもしれません。

ぜひ、お近くのガソリンスタンドに相談してみてください。

また、自分で自動車内の掃除をする場合は次の記事が参考になりますよ。ぜひ読んでくださいね。

関連記事

車は、雨の日も雪の日も私たちを守ってくれる、いつでも遠くに連れていってくれる、言わば「相棒」のように感じている方も多いのではないでしょうか。 そんな相棒といえる車は、毎日のように使用しているとゴミやホコリ、汚れがついてしまうのは当たり[…]

車内清掃方法

プロ並みの洗車と輝きを体験!

高級洗車セット