洗車が安いのはどこ?ガソリンスタンドの洗車価格を徹底比較!2020年最新版

ガソリンスタンド店員みさぽん
みさぽん

車を維持するには、洗車以外にも車検やオイル交換、ガソリン、タイヤ交換など、なにかとお金がかかるもの…。できるだけ安く済ませたいものですよね。

そこでこの記事では、ガソリンスタンドでできる洗車方法別に価格やメリット・デメリットを比較しました。給油のついでに洗車したいなと思ってる方必見です!

ガソリンスタンドの洗車 安いのは洗車機!

手洗い洗車とは

いつでも手軽に洗車ができるガソリンスタンドですが、洗車サービスには、「手洗い洗車」と「洗車機」2つの洗車方法があります。

どちらも自分で洗車道具を準備する必要がないので便利ですが、スタッフによる手洗い洗車は2000円以上かかります。
一方、洗車機は300円から利用できるので安さを求める方は洗車機がおすすめです。

手洗い洗車のメリット&デメリット

ガソリンスタンド店員みさぽん
みさぽん

ガソリンスタンドの洗車といえば、洗車機のイメージが強いかもしれませんが、スタッフによる手洗い洗車サービスを行っているところも多くあります。セルフのガソリンスタンドでは人員の都合で洗車機のみのところも増えているようです。

手洗い洗車のメリットとデメリットを簡単に紹介しましょう。

ガソリンスタンドでの手洗い洗車のメリット

手洗い洗車は、プロのスタッフさんの手によって手洗いしてもらえることが一番のメリットです。
機械では届かない細かい部分や頑固な汚れや水垢も、丁寧に落としてくれます。

それに、洗車道具を購入する必要もありませんし、保管の心配もいりません。

また、ワックスをボディに塗布するとしても、ムラや塗り残しがないように施してくれるので、ピカピカに仕上がります。

店によりますが、手洗い洗車の場合は予約可能な場合も多く、込み合っていて長く待たされてしまう心配がないもの嬉しいポイントです。

ガソリンスタンドでの手洗い洗車のデメリット

ガソスタで手洗い洗車を依頼する最大のデメリットは、「値段が高い」ということでしょう。
スタッフが丁寧に手作業でボディを洗っていく分、人件費がかかります。洗車料金は、2,500~5,000円程度が相場なので洗車機と比べて割高です。
また、洗車機よりも時間がかかる場合も多いため、スピード重視の方にはおすすめできません。

そして、もう一つ、以外に知られていないデメリットは、
スタッフの洗車スキルや丁寧さにばらつきがあるため、仕上がりに大きく差が出ることです。
どれほど差が大きいかというと、

これからお話しするのは、私が出入りするコーティング専門店で聞いた、
ちょっぴりコワイ話しなのですが、、、、。


ある日、よく似た2台の車がコーティングの相談のため来店したそうです。

2台とも色は黒でした。
2台ともトヨタで、姉妹車(アルファードとヴェルファイア)でした。
2台とも年式はほぼ同じでした。
2台とも新潟市の同じ洗車専門店で手洗い洗車をしてもらっていました。

アルファードのオーナーさんは自分の車を綺麗だと思っていました。
ヴェルファイアのオーナーさんも自分の車を綺麗だと思っていました。

ここまでは2台ともほぼ同じ条件です。
しかし2台の車には一つだけ、大きな違いがありました。

なぜかヴェルファイアのボディーだけ、無数の洗車傷がついていたそうです。

その2人のオーナーは住まいが近く、新潟市内の、同じ店に手洗い洗車をお願いしているので
自分で洗車をすることはほとんど無かったそうです。

何がこの2台の運命を分けたのでしょうか?

よく調べていくと、洗車を担当してくれていたスタッフが違っていました。
同じ店に依頼していてもこれだけの違いが出てしまうことがよくあります。

せっかく安くない費用を支払って手洗い洗車を任せるのですから
信頼できるお店選びを慎重に行ってみてはいかがでしょうか?

洗車機のメリット&デメリット

最新の洗車機

ガソリンスタンド店員みさぽん
みさぽん
洗車機は、ガソリンスタンドに併設されている機械に車を通して洗車をするサービスです。
別名「ドライブスルー洗車」と呼ばれることもあります。洗車コースが多く、用途に合わせて自分で好きなメニューを選ぶことができ、必要に応じて下部洗浄等のオプションをつけることも可能です。

ガソリンスタンドの洗車機のメリット

洗車機は、300円くらいから洗車できるところが多く、料金が安いことが一番のメリットです。
各店により利用時間は異なりますが、24時間営業の洗車機もあり、夜中や早朝に洗車したい人も助かります。

また、水洗いメニューからシャンプー洗車、各コーティング剤をオプションで追加できるなど、自分好みに仕上げることが可能です。

さらに、洗浄時間が5~10分程度と早いので、急ぎで洗車したい時にも重宝しますね!

ガソリンスタンドの洗車機のデメリット

洗車機洗いは、いわば全自動洗濯機のように自動で車を洗っていきます。
高速で回転するブラシはボディーを叩きながら進んでいくので、手洗い洗車に比べて圧倒的に洗車傷がつくリスクが高い洗車方法です。

特に黄砂や砂埃がボディーに付着したまま洗車機に入れてしまうと、砂や埃がブラシによって擦り付けられ、ヤスリがけされている様な状態になります。
高圧洗浄機などで事前大まかな汚れを落としてから行うことが傷を最小限におさえるためのポイントです。

さらに、機械洗車では手洗い洗車と違い、細部の洗浄は苦手。特にタイヤやホイールの汚れは洗い残しが起きやすいので洗車機に入れる前後に手洗いする必要があります。

関連記事

ガソリンスタンドに設置されている洗車機を使いたいんだけど、初めてだからやり方が不安・・・ みさぽん 洗車機を使ってみたいけど、使い方が不安でなかなか一歩踏み出せない人って多いですよね。 でも大丈夫![…]

洗車機の使い方

ガソリンスタンド【手洗い洗車】の相場料金

ガソリンスタンド店員みさぽん
みさぽん
手洗い洗車の価格は、ガソリンスタンドによっても異なります。
今回は、大手3社の料金を徹底しました。
シャンプー洗車のみの場合は2000円〜
ワックスや撥水コーティングをすると5000円程度が相場です。

出光の手洗い洗車の料金

出光の手洗い洗車は、強い洗浄剤を使用するのではなく、泡を使ってムース手洗い洗車を行います。

 出光の手洗い料金を以下にまとめました。

車体サイズ 参考洗車価格
SS 2,160円
S 2,280円
M 2,550円
L 2,800円
LL 3,180円

※店舗によって価格が異なる場合があります。

 出光の手洗い洗車では、ボディやガラスに施されたコーティングによって、洗剤の種類や洗い方を変え、綺麗に仕上げてもらえます。

料金は店舗によって異なりますが、LLサイズの車種で3,000円に少し足がでる程度なら相場より少し安めです。

ENEOSの手洗い料金

ENEOSの手洗い洗車は、やわらかい羊の毛を使った“泡ムートン洗浄”が人気です。

車を傷つけることが比較的少なく、汚れをしっかり吸着し、泡で汚れを浮かせてピカピカに仕上げます。ただ、傷のつきにくさよりも汚れ落ちの良さが魅力と言えます。

ENEOSの手洗い料金を以下にまとめました。

車体サイズ 参考洗車価格
SS 2,300円
S 2,500円
M 2,800円
L 3,100円
LL 3,700円

※店舗によって価格が異なる場合があります。

ENEOSの手洗い洗車は、傷がつきにくく、汚れもしっかり落としてもらえるので、値段と比較して納得した仕上りなること間違いなしです。

手洗い洗車にしては価格も特別高くありません。

あくまで参考価格なので、オプション料金等が発生する場合もありますが、通常価格でこの値段は比較的安めです。

コスモ石油の手洗い料金

コスモ石油の手洗い洗車は、すべて泡ムートンで丁寧に手洗いします。

但し、ムートンは羊毛でできていて、見た目はフカフカですが、場合によっては傷の原因になることもあるのでそのことも理解した上でお願いする様にしましょう。

関連記事

唐突ですが、皆さんは洗車が好きですか? 「車をピカピカにできるのが嬉しい!」「週末にアクティビティとして、子どもと一緒に楽しんでます!」 など、ポジティブに考えている人も多いでしょう。 反面、「車は好きだけれど洗車にかかる時間[…]

ムートン洗車

コスモ石油の手洗い料金を以下にまとめました。

車体サイズ シャンプー洗車 撥水洗車 ワックス洗車
SS 1,836円(1,620円) 3,024円(2,700円) 2,484円(2,268円)
S 2,052円(1,964円) 3,3348円(3,024円) 2,916円(2,592円)
M 3,024円(2,808円) 4,212円(3,888円) 3,780円(3,456円)
L 3,456円(3,240円) 4,644円(4,320円) 4,212円(3,888円)
LL 3,672円(3,456円) 4,860円(4,536円) 4,428円(4,104円)

※()はコスモ・ザ・カード価格です。
※店舗によって価格が異なる場合があります。

いちばん料金が安いシャンプー洗車でも、泡洗浄でしっかり汚れを落とし、ボディをピカピカに仕上げてくれます。

撥水加工をしたい方は撥水洗車を、ワックスでボディを仕上げる場合は少し割高ですが、一番大きなLLサイズの車でも5,000円以下なので相場よりも割安です。

 ガソリンスタンド【洗車機】の相場料金

ガソリンスタンド店員みさぽん
みさぽん

ガソリンスタンドの洗車機はシャンプー洗車が300円程度。ワックスやポリマーコートををすると1500円程度が相場です。
同じガソリンスタンドでも設置されている洗車機の種類が違うことがあります。
選ぶポイントとしては、なるべく最新型で掃除やメンテナンスが行き届いているガソリンスタンドがおすすめです。

洗車機を使ったら目立つ傷がボディーに!という場合、ほとんどが洗車機のブラシに小石やゴミが挟まっていることが原因です。

出光昭和シェルの「洗車機」料金

出光興産と昭和シェルは、2019年4月1日をもって経営統合したばかりなので、洗車機も統一ではない可能性があります。

出光の洗車機料金を以下にまとめました。

コース名 洗車料金
ダブルポリマーコート 1,800円~2,000円
ポリマーコート 1,300円~1,500円
ダブル撥水 1,100円~1,300円
撥水 800円~1,000円
ワックス洗車 500円~600円
シャンプー洗車 400円

※店舗によって価格が異なる場合があります。

出光の洗車機は、ワックスでコーティングするよりも耐熱性や耐久性のある“ポリマーコート”を採用しています。

通常のポリマーコートでも1,300円から、ダブルポリマーだと2,000円ほどするので決して安い料金とは言えませんが、塗装の艶もでて長持ちするので、洗車の手間を少しでも省きたい方におすすめです。

ENEOSの「洗車機」料金

 ENEOSの洗車機料金は、やや高額なメニューが多いですが、その分コーティングも豊富で、スピーディーに手洗い並みの仕上がりになると好評です。

 ENEOSの洗車機料金を以下にまとめました。

コース名 洗車料金
ビーナスガード 1,800円~2,000円
撥水洗車 1,000円~1,200円
Gプロテクト洗車 1,500円~1,600円
シャンプー洗車 300円
ワックス洗車 500~600円
DUコート 1,000円

※店舗によって価格が異なる場合があります。

ENEOSの洗車機料金は、シャンプー洗車が300円でできるのはもちろんのこと、洗車メニューが多いのも人気のポイントです。

店舗によっては、ビーナスガードが1,800円からできる場合もあります。

洗車機にしては高額な1,000円超えのメニューが多い印象ですが、その分ボディをしっかり洗いあげてもらえます。

とくにDUコートは、Gプロテクトと併用すると強い撥水効果があると定評があるのでおすすめです。

また、洗車後は、セルフでバキュームやエア調整器具を使用することができます。

コスモ石油の「洗車機」料金

コスモ石油の洗車機は、ENEOSの洗車機とよく似ており、ワックスやGプロテクトなど、さまざまなオプションを付けることができます。

 コスモ石油の洗車機料金を以下にまとめました。

コース名 洗車料金
ビーナスガード 2,000円
撥水洗車 1,200円
Gプロテクト洗車 1,500円
シャンプー洗車 400円
水洗い洗車 300円

※店舗によって価格が異なる場合があります。

コスモ石油の洗車機でもっとも価格が高い「ビーナスガード」は2,000円でやや高めですが、コーティング剤が2回塗布されるので、手洗い洗車よりもかなり割安です。

シャンプー洗車だけなら、400円という破格の安さなので、定期的に洗車をしたい方にも助かります。

関連記事

洗車機で車を洗う方も多いと思いますが、あなたはどのコースを選んでいますか? 洗車機には「水洗い洗車」「シャンプー洗車」「撥水洗車」「ワックス洗車」「ガラスコーティング洗車」など機械によって多くのコースがあるんです。 一般的に50[…]

洗車機のワックスコースについて

安く洗車をするにはどこが良い?

ガソリンスタンド別に、手洗い洗車と洗車機の価格をご紹介していきましたが、結論、どこで洗車するのが割安なのかという部分がもっとも知りたい部分ですよね!

手洗いよりも洗車機の方が圧倒的に安い!

より安く!洗車料金の安さを求めるのなら、ガソリンスタンドの手洗いよりも洗車機の方が圧倒的に安いです。

洗車機の種類はガソリンスタンドやお店によって異なりますが、機種や地域によって価格に差があるため、「一概にどこが一番安い!」とは言いにくいです。

料金表をご覧いただいて分かる通り、洗車機の価格には大きな差がないのです。

そのため、近隣のガソリンスタンドへ直接足を運んで価格を比較し、一番安い所を見つけるのが一番確実と言えます。

洗車機は、車体サイズが大きいほど得

洗車機の場合、“車体サイズ”が関係ありません。

手洗い洗車の場合、車体サイズによって洗車料金が変わりますが、洗車機ならLLサイズの車種でも価格が同じです。

そのため、大きい車種であればあるほどお得感が増します。

もちろん、洗車機の場合は手洗いよりのように細かい部分を洗浄できないデメリットもありますが、料金面を考えれば割安です。

洗車の種類や料金まとめ

洗車にかかる費用って車を所有している間、ずーーーっとかかり続けるから、
1回たったの数百円だとしても年間で考えると結構お財布に負担ですよね?
そう考えると費用面だけなら洗車機の方が割安なのでとってもおすすめです。

逆に、小型車の場合には手洗い洗車料金もそこまで高額ではないため、
『洗車傷を少なくしたい』『細かいところまで汚れを落としてもらいたい』等、
洗車のクオリティも考慮したコスパ(費用対効果)重視なら手洗いの方がメリットが多くおすすめです。

さて、

ここまでガソリンスタンドでの洗車をお伝えしてきましたが、
『もっと安く済ませたい』や『もっと車を大切にしたい』という方は間違いなく自分で洗車することをおすすめします。

だって、洗車にかかる費用は水道代とほんの少しのカーシャンプーだけ!
人件費だって自分の時間だけなので実質無料。
さらに運動不足も解消できるというおまけ付き^ ^

何より自分の車を自分や自分の家族と一緒に綺麗にするのはとても気持ちのいいことだと思いませんか?
きっと車をもっと大切にしてあげようという気持ちも湧いてくることでしょう。

もしあなたが少しでも自分で洗車してみようかな?
という気持ちが芽生えたときには次の記事がその後押しになったらいいな、と思います。
よかったら次の記事もちょっと覗いてみて下さいね!

関連記事

車の手洗い洗車はごく一部のクルマ好きが行うものと思っていませんか? 「手洗い洗車は難しそう」「とりあえず洗車機」という方も多いですが、洗車機を使いすぎると無数の細かいキズがボディーに付いているかもしれません。 パッと見は目立たな[…]

自宅で洗車するには?上手に洗う方法や注意点

プロ並みの洗車と輝きを体験!

高級洗車セット