雨の日の洗車は汚れが落ちやすくて節約にもなる!でも○○はできない

車がキレイだと、不思議とテンションが上がる。大切な車だからこそ、きちんとお手入れをしたい。
車は、コンビニで購入するドリンクのような気軽な買い物ではないからこそ、愛着も湧きますよね。

だからこそ、洗車はとても大切。
でも「洗車はいつすべきなの?」「雨の日にするといいの?」と、たくさんの疑問や不安が出てきているのも事実です。

そこで今回は「洗車を雨の日にするメリット・デメリット」をご紹介します。

愛車のためにも洗車は必要

洗車をする男の子

最初の疑問。洗車は、必要なのでしょうか?

必要か不必要かで言えば、洗車は必要だと思います。

車を常にキレイな状態にキープしておけば、それだけで気分は良いものです。
でも、それだけではありません。

車の表面をキレイにしておくことで、故障やボディの傷に気が付きやすいですし、中古車として売る場合も価値が高まります。
愛車に長く乗るためにも、手放す時に良い状態で売るためにも、洗車は必要だと言えるでしょう。

洗車を雨の日にするメリットとは?

雨の日に洗車をするメリット

洗車は雨の日にすると良い。梅雨の時期の洗車は楽ちん。
どこかで、こんな風に聞いたことはありませんか?

結論からお伝えすれば、洗車を雨の日にすると良いことがあります。
晴れの日、雨の前、雨の日など、いつ洗車をしても同じというわけではないのです。

メリット1 雨の日、雨の後の洗車は時短が可能

皆さんは、車をどこに駐車していますか?

屋内駐車の場合、あまり天候は関係ありませんが屋外駐車の場合は「洗車の手間」が天候に大きく左右されます。

雨水によって、車体表面に付いている泥・ホコリ・チリ・花粉・黄砂が流されていくため、晴れた日よりも雨の日の洗車は細かな部分まで磨くという手間が省けるのです。

特に感じるのは、車の上部の汚れです。
晴れの日の洗車の場合は、自分の手で車の屋根を洗わなければなりませんが、雨の日は勝手に汚れが上から下へと落ちていくので、手間が省けます。

洗車を雨の日にすると、細かな部分は雨水がサッと流してくれるので、手間が省かれて洗車時間を短縮することができるというメリットがあります。
雨の降り方によっては、ホースがない駐車場でもバケツと水道水だけで洗車ができるかもしれません。
「今日はササッと洗車をしたい」という気分の時には、雨の日、雨の後のタイミングをおすすめします。

メリット2 洗車時の周囲への気配りが少なくて済む

洗車時に、周囲に気を遣った経験はありませんか?
駐車スペースが狭かったり、隣のお宅との距離が近い場合は、ご近所に迷惑をかけないようにと気を遣いますよね。
隣の建物と離れている、また十分な洗車スペースが確保できる場合には、大きな心配はいりません。

例えば、こんな洗車トラブルが考えられます。

  • 水を勢いよく出しすぎて、ご近所さんの洗濯物を汚してしまった
  • 外壁に洗車時の汚水が飛び散って、嫌な顔をされた
  • 晴れた日に地面が濡れていることに、嫌悪感を示された
  • ヒールを履いた女性が、洗車をしている前を嫌そうに歩いていった

洗車で汚れた水が飛び散るというのが、最大のトラブルになるようです。
洗車を雨の前や、天気がよい日に行うからこそ、このようなトラブルが発生します。

でも雨の日なら、雨水でもともと地面も濡れていますし、汚れた水も日常なので汚水トラブルが起きにくいというメリットがあります。
周囲に気を遣うことなく、自分のペースで洗車ができるのは、雨の日ならではですね。

メリット3 なかなか落ちない頑固な汚れが落ちやすい

「時間のあるときに、じっくりと洗おう」と、車の汚れをそのままにしていませんか?汚れは付いた時に落とすのが1番であり、そのままにしておくと汚れが堆積して落ちにくくなっていきます。
小さな虫や鳥のフンがフロントガラスに付いたまま長時間が経過して、ビックリするほどにこびりついてしまうケースもあるでしょう。

晴れの日に、汚れを無理やり落とすのなら、雨で汚れが取れやすくなった時を狙って洗車した方が楽です。
気になる頑固な汚れがあるのなら、洗車は敢えて雨の日を選びましょう。

メリット4 洗車代の節約になる

洗車を雨の日にすることで、洗車代の節約にもなります。
自分で洗車する場合ではなく、ガソリンスタンドやカーショップで洗車をする場合になります。

洗車を商売にしている場合、雨の日キャンペーンで半額割引を行っていたり、割引チケットを配っていることがあるので狙い目です。
洗車を小まめにしたい人は、雨の日を狙って行くと、お得にできるかもしれません。

メリット5 洗車スペースが空いている

人間の心理として「洗車は晴れた日にやりたい」という気持ちが強く働きます。
青空の下でピカピカに磨かれた愛車を眺めるのは、最高のストレス解消法だと言う人もいます。

だからこそ、洗車を雨の日や、雨の後におこなうメリットが生まれます。
なぜなら、雨の日は普段混雑するような洗車スペースでも空いていることが多いからです。

待ち時間も少ないですし、周囲に気を遣うことなく洗車できるのは、気楽ですよね。

以上、洗車を雨の日、雨の後におこなうのには、5つのメリットがあります。
雨の日はなんだかやる気が起きなくなったり、集中力に欠けてしまうという人もいるでしょうが、ぜひ雨の日に洗車をしてみてはいかがでしょうか?

メリット6 拭き上げる必要がない

晴れてる日に車を洗うと、最後に拭き上げ作業をします。
雨の当たらない室内で作業ができる場合は、雨の日でも拭き上げ作業をすることが望ましいのですが、そうじゃない場合は水分を取っても意味がありませんよね。

雨が全部流してくれるので、水道水に含まれるカルキなどのミネラル汚れ(水垢)がつく心配もありません。
ただし、雨ジミができる恐れはあるので注意が必要です。(雨ジミは洗車に関係なく雨に当たることでできてしまうものです)

洗車を雨の日にするデメリットとは?

意外とメリットが多くて、驚いたのではないですか?次に、洗車を雨の日にするデメリットを見ていきましょう。

デメリット1 サビ止めの作業の意味がなくなる

水のみで洗車をする人もいれば、専用のカーシャンプーを使う人もいます。車体の塗装を保護する成分が配合されているカーシャンプー(防錆塗装剤)を洗車時に使う場合は、雨がデメリットとなります。

なぜなら、せっかくサビ止めの効果が期待できる商品を使っても、酸性の雨水がマイナスに働いて、効果が減ってしまうからです。
サビ止めを目的としたカーシャンプーを使う場合は、雨の日は避けるべきです。

デメリット2 雨の日はとにかく作業がしにくい

洗車を雨の日にすることで、細かな汚れや泥が勝手に落ちてくれるというメリットがあります。

洗車時間を短縮できるのは間違いありませんが、晴れの日に比べて作業はしづらいです。
カッパを着ての作業になったり、洋服や髪の毛が雨で濡れてしまう可能性もあります。

何より、青空の下で洗車するのとは、すがすがしさや気分が違ってくるはずです。気持ちよく洗車をしたいのなら、雨の日ではなく晴れの日や雨の前におこなうのがおすすめです。

デメリット3 コーティングやワックスで仕上げることができない

ピカピカに磨かれたボディーを見ると、スッキリとした気持ちになるはずです。
汚れを落とした後に、撥水できるワックスで仕上げると、まるで新車のような輝きを取り戻すこともあります。

でも、それは雨が降っていない日に限ったことです。
洗車を雨の日にする場合は、コーティングやワックスなどの撥水作業には向いていないからです。

洗車を雨の日にする場合は、磨き上げるというよりも、車体の汚れやホコリを落とすための作業がメインになると覚えておきましょう。

以上、洗車を雨の日におこなうデメリットでした。
ピカピカに磨かれた愛車を眺めることが、ストレス解消につながる人にとっては、雨というだけで大きなデメリットに感じるでしょう。

汚れを落とすという面では、雨の日の方が好都合なんですけどね。

質問!梅雨の時期に洗車をする意味はあるの?

梅雨の時期に洗車をする意味があるのか?

雨水によって、車体上部の泥やホコリが落ちやすくなるのは、洗車を雨の日にする大きなメリットです。
では、雨の日が多い「梅雨」には、洗車はしなくても良いのでしょうか?

答えは、NO
結論からお伝えすれば、梅雨の時期にも洗車は必要です。

理由!雨と汚れで酸化共鳴が起こるから

雨によって、泥やホコリが流されるのは本当。
でも、それが洗車した時と同じ状態になるわけがありません。

汚れを残したままの状態にしておくと、酸性の雨の影響で汚れも酸性になり、一緒に酸化してしまいます。

そもそも、車体の塗装面やコーティングをした部分は酸化しやすい物質が含まれているので、汚れが酸化すると同時に塗装面も酸化していくというわけです。

この現象を、酸化共鳴といいます。

つまり、雨の日が多い梅雨の時期だからといって、洗車をしないという選択肢はありません。
雨の後に洗車をするのなら、雨の前に洗車をおこなって、きちんと汚れを落としておくべきです。

キレイな車体なら、例え雨が降っても、酸化共鳴は起きにくいと言われています。
梅雨に洗車をする時のポイントは、こちら

  • 梅雨でも洗車はすべき!
  • 雨水によって、汚れがすべて落ちると思ってはダメ
  • 酸性の雨が降る前に、汚れ落としやコーティングをするのが大事
  • 雨の後に、雨水を落としておくことも忘れずに

雨の日の洗車のやり方が知りたい

コーティングというよりも、汚れ落としをメインにしていく雨の日の洗車。
どのようなやり方をすれば良いのでしょうか?大きく2つのパターンに分けられます。

①車体がきちんとコーティングされている場合

雨が降る前、もしくは雨の後に、車体にワックスや撥水剤をきちんと塗っていた場合、雨の日の洗車のやり方はとても簡単。
頑固な汚れでない限り、雨水の流れや高圧洗浄機によって、水圧をかけてあげるだけで簡単に落ちます。

きちんとコーティングさえしてあれば、汚れは車体表面に浮き出た状態になっているのですね。
雨の日は汚れを落としやすいという状況にプラスして、局所的に強い水圧で放射される高圧洗浄機を使うことで、頑固な汚れも落としやすくなります。

②油分を含んだ汚れが付いている場合

コーティングをしていなかったり、油やオイルなどの油分を含んだ汚れでベタベタしている場合は、残念ながら雨や水だけでは落ちません。
少量のカーシャンプーを含んだスポンジで、軽くこすって汚れを落としましょう。雨の日に作業するのなら、そのまま雨で洗い流せば大丈夫です。

雨の日におすすめ!洗車グッズ3選

雨の前、雨の後の洗車も無駄なことではありませんが、雨の日の洗車は特にメリットが多いです。
そこで、雨の日におすすめの洗車グッズを、3つご紹介します。

雨の日の作業を快適に。雨ガッパ 上下セット

洗車を雨の日にする時には、作業がしやすい服装になる必要があります。
せっかく車の汚れを落とせたのに、自分がびしょ濡れになって風邪を引いては、どうしようもありません。

雨の日の洗車作業を快適におこなうために、雨ガッパ 上下セットをおすすめします。
レインポンチョだと隙間が空いて雨が入り込んできてしまうので、上着とズボンに分かれている雨ガッパを選びましょう。

モコモコ泡が出てくる!洗車フォームガン

洗車を雨の日や雨の後にする場合、そんなにカーシャンプーを使う必要はないと言われています。
なぜなら、雨水が表面の汚れなどはサッと落としてくれるからです。でも、しつこい汚れには、やっぱりカーシャンプーが効果的。

しかしながら、洗車を雨の日にするときにはザーザーと雨が降って、自分も濡れる心配があることもお忘れなく。
バケツに水とカーシャンプーを入れて、雨の日に泡立てるのは大変です。そこでおすすめするのが、「洗車フォームガン」です。

特徴は、こちら。

  • ボトル内にカーシャンプーを入れて、家庭のホースに取り付ける
  • 水を出せば、カーシャンプーが泡になって出てくる
  • 泡立てる手間はいらない
  • 希釈倍率を調整することも可能

洗車を雨の日にする場合は、少しでも時短したいと思いますよね。
だからこそ、泡立てる時間と手間を短縮できる洗車フォームガンがおすすめです。

ムートングローブでふんわり洗車

洗車を雨の日や雨の後にするときには、衣類や髪の毛が濡れてしまう前に「サッと洗車を終わらせたい」と思いますよね。
そんなときに、便利に使えるのが「ムートングローブ」です。
洗車するときにスポンジをお使いの方も多いですが、ムートングローブは泡立ちと耐久性の面で比べると、格段にクオリティが高いです。

素材も柔らかく、手にはめて使うタイプなので、車体のフォルムにもフィットして、雨の日の時短洗車に役立ちます。値段も手頃なので、コストパフォーマンスがよい商品だと言えるでしょう。

雨の日の洗車は汚れ落としメインにしよう

洗車を雨の日にすることで、汚れが落ちやすい・洗車時間の短縮・洗車代を節約などさまざまなメリットがありました。
その反面、雨の日にはピカピカの仕上がりにはならないというデメリットもあるんですね。

雨水にすべての汚れを落としてもらうという考え方は間違っていますが、雨の日を上手に利用して、愛車のお手入れに役立てていきたいものですね。

関連記事

車の汚れを落とす上で重要となる洗車用具選び、中でもカーシャンプーは、汚れをしっかりと落とせるかどうかを左右する非常に重要なアイテムです。 しかし、カー用品店に行くとさまざまなタイプのカーシャンプーが売られていて、どれを選んで良いのか分[…]

おすすめのカーシャンプー 10選

プロ並みの洗車と輝きを体験!

高級洗車セット