車磨きについてポイントを押さえよう!専門店の技術を解説

車がほこりや泥で汚れたらしっかりと洗車をしているのに、ツヤがイマイチだったり、くすんで見えたりして困っているという方はいませんでしょうか?確かに、車に汚れが付着すると、ツヤがなくなったりくすんで見えるようになったりします。

しかし、実はボディが美しく見えなくなる理由は、汚れだけではありません。付着した汚れではなく、ボディそのものの状態が理由となって、美しさが失われることがあります。その場合に美しさを復活させるためには、車を磨くことが重要となります。

では、車磨きとはそもそも一体どういったものなのか、また、専門店に依頼した場合の、専門店の技術や施工方法などについても紹介をしていきます。

目次

車を磨く意味!大きな傷を置き換える

車に付着したほこりや泥などの汚れをいくらきれいに洗車したとしても、車のツヤが出てこない場合があります。その場合、塗装面の劣化が起こっていることが考えられます。では、劣化した塗装面と車を磨くことの関連性を紹介します。

塗装面を脱皮させる

車を磨く意味は、簡単に言えば塗装面を脱皮させるような感じです。劣化した塗装面を、新しい塗装面へと変化させます。

車は、普段のカーライフの中で傷が増えていきます。保管中に風で汚れが舞うことによって起こる傷、走行中に飛び跳ねた石によって起こる傷、洗車中のスポンジによる洗車傷など、さまざまな要因でいつのまにか傷は増えていきます。

このように、普段のカーライフで塗装面の傷みは進行していきます。そのため、傷んだ塗装の表面だけを磨いて削り取り、下の新しい面を出すことによってツヤを復活させるという意味があります。

大きな傷を小さな傷に変えるということ

普段のカーライフで傷が増えていくと、傷口が大きくなっていきます。傷が大きくなってくると、塗装の表面が凸凹になってしまいます。塗装面が傷んでいる状態というのは、この凸凹になっている状態を指します。

この凸凹によって、見た目的にも傷が目立って美しさがなくなるばかりか、光が乱反射することによって光沢感が失われてしまいます。

そこで、塗装面の大きな傷(凸凹)を磨くことによって、とても小さな見えないレベルの傷に置き換え、車のツヤを復活させることができます。

車磨きの注意点を押さえておこう!

車磨きは、ボディの光沢を復活させるための非常に優れた方法ですが、行う際の注意点もあります。これらを行わないと、塗装面に非常に悪影響を及ぼす危険があるので、確実に守るようにしましょう。

何度も磨いてはいけない

ツヤがなくなったボディが復活するからといって、何度も頻繁に磨くのはやめましょう。

車を磨くというのは、「削る」という言葉でも表現できます。人間の目には見えないほどのレベルで、ボディの表面を削ります。削ることで新しい面が出て凸凹が整えられ、美しさが復活します。

そのため、何度も頻繁に磨くと、最終的に塗装の層がはがれてしまうので、何度も繰り返して磨くのはやめましょう。

今の車は塗装が薄い傾向にある

現在の社会はエコが叫ばれています。それは自動車業界も同じで、エコのために燃費を優先事項とした車の製造が行われています。

そのため、現在販売されている車を昔の車と比較すると、燃費性能を追究して塗装が薄くなっている傾向にあります。塗装を薄くして、少しでも重量や体積を減らすという方法です。

塗装が薄いと、塗装面を何度も磨いた場合、昔の車よりも早くに塗装面がはがれる可能性があります。磨きは何度もできる作業ではないので、慎重に行う必要があります。

車を磨くポリッシャーの種類

車を磨く際には、「ポリッシャー」と呼ばれる研磨用の道具を使用します。その中でも種類があり、用途によって使い分ける必要性があります。では、ポリッシャーの種類や特徴などを紹介していきます。

シングルポリッシャー

これは、一般的によく売られているものになります。ただ単純に回転だけをして磨き作業を行います。

また、ポリッシャーの中で最も研磨力が強いものとなります。用途としては、強い研磨力を活かして、ひどく荒れて傷んだ塗装面に使います。とても強力なので、同じ箇所を何度も磨いてしまうと、あっという間に塗装面が削れていってしまいます。不必要に削ってしまうことがありますので注意が必要です。

ギアアクションポリッシャー

これは、単純に回転するのではなく、「振動偏芯回転」と呼ばれるギザギザの動きが加わります。「星形のような動き」として例えられることもあります。

研磨力はシングルよりも落ちますが、独特の回転をして磨き目を拡散することによって、シングルよりも磨きの目を細かい状態にすることができます。そのため、シングルの磨き目を更に細かいものにしたり、小さな傷を磨いたりする時に使います。

ダブルアクションポリッシャー

これは、回転するのに加えて上下の運動が行われます。ダブルアクション独特の動きをすることによって研磨力が抑えられるため、3種類の中で一番研磨力が弱くなります。そのため、最終の仕上げとして使われることが多いでしょう。

専門店の車磨きの技術

専門店へ車磨きの依頼をすると、プロの技で完璧な仕上げをしてもらえます。しかし、実際のところ専門店がどのようなことをしているのか、疑問に思うこともあるでしょう。ここでは、専門店はどのような磨きの技術を持っているのかを紹介していきます。

プロの知識で適切に処置してくれる

車の傷の状態はさまざまであり、1台として同じ傷であることはあり得ません。そのため、入庫した車の傷の状態をじっくりと観察し、専門店が今までに蓄えてきた知識に基づいて傷の状態を見極め、適正な処置と適切な道具を使用して磨く計画を立てます。

照明も重要

車の傷の状態を見極めるためには、照明もしっかりと整備をしなくてはいけません。照明によって、傷の見え方が変わってしまうことがあります。

一方の照明では全く傷が見えないのに、もう一方の照明で照らすと傷だらけということがあります。一方の照明で照らした時のみ傷が消えて見えるのでは、完全に磨けている状態とは言えません。そのためにも、傷がはっきりと見える照明を設置する必要性があります。

車磨き専門店では新車も磨く!

新車というと、全く傷も付いていないし、磨く必要はないと思いますよね。しかし実は、専門店では新車も磨くことがあります!どういうことなのか詳しく説明をしていきます。

新車でも凸凹がある

新車であれば、塗装面は完璧に平で整っていると思ってしまいますが、実は新車でも肉眼で見えないほどの細かい凸凹が塗装面にあります。しかも、少しではなくて無数に存在していますよ!

そのため、新車でも光の乱反射を起こして光沢が失われます。新車で光沢が失われるというのも変な話ですが、塗装面に凸凹がある以上、新車時であってもボディの光沢は完全ではないということになります。

新車を磨く専門店では、新車専用の適正な磨き方で、新車時からある凸凹を磨いて滑らかにして乱反射をなくします。新車の磨きはとても繊細な作業であり、技術と知識がある専門店だからこそできる磨きと言えます。

傷の程度が軽い車の磨き方

傷の程度が軽い車を専門店に依頼した場合、過度な磨きは行いません。軽い傷の場合、どういった磨きを行うのか紹介をします。

必要最低限の作業

軽い傷であれば、必要最低限の磨きしか行われません。過度に研磨することは、塗装面を無駄に削ってしまうことになります。

塗装面には限りがあります。削りすぎてしまうと、次回行う際には磨けるだけの厚さが残っていないことも考えられます。そのため、塗装面を残すためにも、削らなくて良い場合は最低限の磨き作業を行うのが得策です。

高品質なもので磨く

高品質なパフやコンパウンドを使用することで、無駄に削り過ぎない磨き方をします。使用するアイテムにも質があり、どれも一様に同じというわけではありません。

安価なものよりも価格が高めで高品質なものの方が、作りがしっかりとしており、仕上がりも確かなものになります。

熟練の技があればサンドペーパーも使用できる

サンドペーパーをいざ使用するとなると、どのくらいの粗さを使用すれば良いのか、どのくらいの力加減で行えば良いのかなど、使用するのに技術や経験がいるものとなります。熟練の技や経験があれば、サンドペーパーを使用して鏡面のようなボディに仕上げることも可能です。

塗装表面の凸凹のみを研磨する

専門店で熟練の技があると、サンドペーパーで塗装表面の凸凹のみをピンポイントで研磨することが可能です。

必要な部分だけを研磨し、面を整えてフラットにすることで光の乱反射がなくなり、ボディを鏡面のように輝かせることができます。正に、熟練のなせる技と言えるでしょう。

サンドペーパーをかけるコツ

サンドペーパーで磨き作業を行うためにはコツが必要です。専門店だからこそなせる技とも言えるでしょう。

塗装の状態を判断する

塗装の状態は、車の使用状態によってさまざまです。車1台1台に合った磨きを行わなければいけません。そのためにも、傷の状態を見極め、それに合わせて研磨する必要があります。

使用状態や傷の程度などを的確に判断し、どのくらいの厚さの研磨を行えば良いのかを見極めます。新車では5ミクロン程度、ダメージが大きい状態の車であれば20ミクロン程度の厚さの研磨が必要となります。

専用の機械を使用して研磨する

研磨を行う時の厚さは、人間の感覚では分からないレベルの厚さなので、測定器を使用します。傷の程度を確認して判断した厚さになるまで、サンドペーパーで研磨していきます。

この際、とても慎重に作業をすることが必要となります。少しでも力を入れ過ぎてしまうと、無駄に削ってしまう恐れがあるためです。作業中も随時測定器で厚さの確認を行い、適正な力で研磨を行っていきます。

専門店では、作業前・作業中・作業後に測定器を使用するため失敗がありません。依頼する側としては、とても安心できますね。

専門店の車磨き料金には幅がある

専門店に磨き作業を依頼する時の料金には幅があるため、一概に言うことはできません。車の状態や、何を求めて依頼を行うかなどによっても料金は変わります。

セット料金が多い

多くの専門店では、磨き作業だけの料金設定ではなく、磨きとコーティングのセット料金となっています。

磨き作業を行った際、塗装面は非常にきれいな状態となっています。洗車では落とせないシミや水垢などがあった場合でも、研磨されることによって取り除かれます。磨いたあとは、ボディがベストな状態になっていると言えます。

下地が凸凹であると、コーティングの被膜がピッタリと密着しないため、防汚力や耐久性が落ち、最大限の効果を発揮できません。磨き作業をしたあとは面が整っており、下地として完成されています。

そのため、磨いたのであれば、コーティングを行わなければもったいないことになります。また、磨きでベストの状態となった塗装面を、保護する役割も果たしてくれます。

そういう理由から、磨きとコーティングがセットになっていることが多くなります。そして、セット料金であっても、各作業で幅があります。

例えばセットで10万円であるならば、磨きで3万円、コーティングで7万円などというパターンや、磨きで5万円、コーティングで5万円というパターンもあり、料金には幅があります。

いろいろな条件でも価格は異なる

まず、専門店によっても価格は全く異なります。作業の価格は専門店が独自に定めていますので、同じ作業であっても価格が異なることが多くなります。

また、車の状態によっても異なります。傷が多数付いている車は、その分作業量が多くなるため価格も高くなります。反対に、傷が軽いものであれば作業量が少なくて済むので、価格は安くなるでしょう。

更に、ユーザーのニーズによっても異なります。ユーザーの注文が少なければ、それだけ作業が少なくて済むので安くなります。しかし、ユーザーからの注文が多い場合は作業量が増えます。その分だけ価格も上がることになります。

コーティング前の下地処理である磨きの大切さ

先述しましたが、コーティング前には下地処理が重要となります。その下地処理は、磨きを行うことによって完成されます。そのため、磨き作業というのは、車を良い状態にするのに非常に大切なものであると言えます。

丁寧な磨きが必要不可欠

コーティング施工車のボディが美しく見えるのは、きれいな下地ができているからこそのものです。更に、そのきれいな下地は、丁寧な磨き作業があってこそ実現します。そのため、美しいコーティングには、丁寧な磨き作業が必要不可欠です。

下地である塗装面は、普段のカーライフで傷が増えています。傷の凸凹がそのままの状態でコーティングをしても、塗装面の凸凹やシミなどがあることによって光の乱反射を起こし、それほどの光沢は発生しません。傷んだ下地を補ってツヤを出す程の能力は持っていません。

専門店は高度なレベルにある

専門店での磨きは、高度な技術と器具によって行われています。一般のユーザーでは手に入らないような高性能なパフやコンパウンドの使用、蓄積された確かな知識と経験、そこからくる高度な磨き技術を駆使して、最高の磨きをユーザーに提供しています。完璧な仕上がりを求めている方は、専門店に依頼するのが良いでしょう。

自分で車を磨く方法

高度な技術を持つ専門店で完璧に仕上げてもらうのも良いですが、自分の愛車は自分で磨いてみたいという方もいることでしょう。そんな方のために、自分で車を磨く方法を紹介していきます。うまく磨けたら、更に愛着が湧きそうですね!

マスキングテープで磨かない箇所を保護

磨き作業を始める前に、まずは磨きを行わない箇所をマスキングテープで保護していきましょう。ドアモールやメッキ部分、樹脂部分、ゴム部分、エンブレム、ライトなどが挙げられます。この作業を行わないと、不要な部分にも不意に当たって傷がついてしまうので、確実に行いましょう。

ポリッシャーで磨く

次は、実際に磨いていきましょう。磨く際は、できればガレージなどの屋内で行いましょう。屋外で行うと、風で砂やほこりが舞いやすくなり、作業中に車の上に載ってしまうことが考えられます。もし砂やほこりごと磨いてしまうと、傷だらけになって大変なことになりますので注意しましょう。

コンパウンドはお好みで

使用するものは、お好みで選んでください。油性のものは、ワックス成分含有のためツヤを出す効果や傷を埋める効果がありますが、時間の経過によって埋めていたワックスが取れて傷の目立ちが復活してしまいます。

水性のものは、ツヤを出すワックス成分がほとんど含まれておらず、塗装面の状態を常に確認しながら作業が行えます。しかし、傷を埋める効果やツヤ出し効果はありません。油性、水性共に、メリットデメリットがありますので、お好みでお使いください。

しかし、目の粗さについては、細かい目のものを使用するようにしましょう。いきなり目の粗いもので行うと、実際の傷の度合いよりも不必要に多く削ってしまう可能性があります。また、作業に慣れていない方だと、粗い目の場合は削り過ぎてしまう恐れがあります。

自分で車磨きをするときのポイント

磨き作業は、力の加減やどのくらい磨けば良いのかといったことが、経験を積まないと中々分かりません。ここでは、うまく磨けるようになるポイントを紹介していきます。

一度に全部を磨こうとしない

経験が少ないと行ってしまいがちなのが、一気に広範囲を磨こうとすることです。一気に全部を磨こうとすると、磨き残し箇所ができてしまったり、コンパウンドが薄れて均一に磨けなかったりすることがあります。

そのため、30センチ四方を目安として、無理せず少しずつ磨いていきましょう。その際は、ポリッシャーを強く押さえずに、手を軽く添えてポリッシャーの重量だけで動かす感覚で行いましょう。コンパウンドが無くなるまで、30cm四方をまんべんなく作業していきます。

ダブルアクションポリッシャーを使う

あまり磨きの経験がない人は、研磨力の弱いダブルアクションポリッシャーの使用をおすすめします。シングルポリッシャーであると、非常に研磨力が強いために、加減が分からず磨き過ぎてしまう恐れがあるためです。無理をせずに作業をしていきましょう。

DIYで車磨きの注意点

自分で作業を行う場合、経験が少ないと失敗は付きものです。しかし、あらかじめ注意点を知っておくことで、失敗をある程度防ぐことができます。自分で行う際の注意点を説明していきます。

できれば屋内で行う

作業は、できれば屋内で行うのが理想です。屋外で行うと、風で砂やほこりなどが舞い、車に付着してしまいます。付着した砂やほこりをそのまま磨いてしまうと、傷を磨いてなくすどころか、磨くことによって新たな傷を付けてしまうことになります。ガレージなどで作業を行うのが理想です。

ガレージがなく屋外で作業を行うという方は、無風の日を選んで作業を行うようにしましょう。

とにかく慎重に

経験が少ない方は、とにかく慎重に作業を行いましょう。経験値が少ないと、どれだけ磨いて良いのか、どのくらい力を入れて良いのかなどの判断が付きません。傷が磨かれているか心配で、必要以上に塗装を削ってしまうことも考えられます。

車を磨くという作業は、洗車や車内の清掃などと異なり、車を削ります。削るというのは、一歩間違えば車にダメージを与えかねない作業です。愛車を傷付けないためにも、慎重に磨いていきましょう。

専門店が磨きに時間をかける理由

専門店で作業の依頼を行うと、非常に時間がかかる場合があります。「なぜこんなに時間がかかるのだ」と思ってしまいがちですが、ユーザーにとっては時間がかかった方が安心できることもあります。

磨きに重点を置いている

時間がかかってしまう理由は、磨きの作業に非常に重点をおいているからです。既に説明をさせていただきましたが、コーティングがどれだけ美しく仕上がるかは、下地をきれいに作り上げる作業にかかっています。

下地の塗装面が傷んだままだと、コーティングで被膜を作ったとしても、光の乱反射によって完全な美しさは表現されません。下地がしっかりと整えられていないと、被膜を作ってもごまかしがききません。

そのため、コーティングの基礎部分である下地の磨き作業に力を注いでいるため、時間がかかってしまいます。どんな物事でも、基礎部分がしっかりしていないと、発展はしません。

専門知識を最大限投入している

専門店は、今までさまざまな作業を行い、一般ユーザーの想像をはるかに超える経験をしています。その今まで培った経験や実績から得られた専門的な知識を、最大限に投入して作業を行うため、必然的に作業の時間がかかってしまいます。

作業に時間がかかっている専門店は、全身全霊を込めて作業をしていると考えても良いでしょう。

車を磨いたらおすすめのコーティング剤で仕上げを!

車を磨き上げたら、コーティングをしましょう。下地が整っていれば、美しい光沢を手に入れることができますよ!そこで、おすすめのコーティング剤を紹介します。

15-1おすすめは「SPECIALE X-Gloss」
おすすめのコーティング剤は「SPECIALE X-Gloss」です!きれいな下地にSPECIALE X-Glossを使うことで、上品で高級感あふれる美しさを手に入れることができますよ。

車は優美な光沢を放ち、肌触りはまるでシルクの膜で包み込まれたよう。更には、耐スクラッチ性能や高い防汚性能を発揮し、汚れを寄せ付けません。

スプレータイプでどんな箇所にも簡単に施工することができますよ。気品あふれる車に仕上げたい方は、ぜひSPECIALE X-Glossを使用してみてくださいね!

車磨きにもチャレンジしてみよう!専門知識を参考に

車を磨くためには、知識や経験が非常に重要です。方法を見ながら行ったとしても、経験がないと力加減やどこまで磨いて良いのかがわかりません。

その点専門店では、これまでにさまざまな作業で実績を積んでおり、多くの知識や経験を蓄積しています。その蓄積された知識や経験を最大限に活かして作業を行うため、専門店の磨き作業は職人技とも言えます。

知識と経験に裏付けされた職人技を真似することはできませんが、専門知識を参考にして一般ユーザーでも車磨きを行うことはできます。

ぜひ、今度は自分で車磨きにチャレンジしてみましょう!きっと、愛車にもっと愛着が湧きますよ!

プロ並みの洗車と輝きを体験!

高級洗車セット