洗車でイオンデポジットを除去する方法!進行しないように気を付けよう

車に汚れが目立ってきたので洗車をしたのだけど、翌日見たらボディに白いシミのような汚れが付いていた、ということはありませんか?
せっかく洗車できれいになったと思ったのに、がっかりしてしまいますよね。実はそれ「イオンデポジット」と呼ばれる汚れです。

しかし、きれいに洗車をしたはずなのになぜまた汚れが付くのか、不思議に感じる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、イオンデポジットとは何か、発生する原因や洗車でイオンデポジットを防ぐ方法、除去する方法などを紹介していきます。

目次

イオンデポジットはミネラルが残ったもの

洗車したのに発生するイオンデポジットは、ミネラルが深い関係を持っています。では、どういった経緯で発生するのか紹介をします。

水が乾燥して起こる

車に何らかの理由で水が付いており、その水が乾燥した際に発生します。
水にはミネラル分が含まれており、時間が経過して乾くと水だけが蒸発し、成分であるミネラルだけが白くボディに残ってしまいます。これがイオンデポジットの正体です。

水は、加工されて「純水」とうたわれているもの以外は、ミネラルなどの不純物が必ず含まれています。
純水は人間の手で加工して作るので、自然界には純水は存在せず、必ず不純物が含まれます。

そのため、車に水がついた状態で乾いてしまうと、確実にイオンデポジットが発生してしまいます。

放置するのは危険

イオンデポジットは、一見するとただの水垢汚れのように感じます。
しかし、放置をすると、痛い目を見ることになるので注意が必要です。

発生したあとにできたままにしておくと、その部分に水が溜まりやすくなります。そうすると、その部分だけ集中して塗装面が浸食されていきます。
更には酸性雨や紫外線などの影響も受けて塗装面が欠けてしまったり、陥没したりすることもあります。

この現象を「クレーター」と呼び、これになってしまうと対処するのに非常に苦労することになりますので、放置するのは絶対にやめましょう。

イオンデポジットができる原因

発生する原因は、カーライフのさまざまな場面であります。では、その原因について詳しく説明をしていきます。

洗車後の水分

汚れをきれいにするための洗車ですが、その洗車が原因となって発生してしまうことがあります。洗車では、シャンプー前に水で車を流したり、シャンプー後にすすぎで水を流したりと、水を大量に使用します。

その水が洗車後にも残ってしまっていることで、イオンデポジットの発生が起こってしまいます。
洗車したのに白いシミのような汚れが付いている、とお悩みの方は、このことが原因となっている可能性が高いでしょう。

水道水は人の手が加わっていますが、純水ではありません。カルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれているので、蒸発するとミネラルだけが残ってしまいます。

洗車シャンプーのすすぎ残し

洗車時、シャンプーをした後にすすぐ工程がありますが、その際にシャンプーのすすぎ残しがあると発生してしまいます。

シャンプーは水と異なり化学成分を含んでいますが、この化学成分がやっかい者となります。この成分があることで、乾いた際に水よりも粘性があるイオンデポジットとなってしまい、車体に強く張り付きやすくなってしまいます。

これを防ぐために、すすぎは重点的に行いましょう。特に残りやすい部分は、リヤゲートとリヤバンパーの間などの、部品と部品の間です。また、ドアノブなどの細かい部分も残りやすい箇所なので、すすぎ残しがないかチェックしながらすすぎ作業を行いましょう。

ワックス

皮肉なものですが、車をきれいにするためのワックスやコーティングが原因となり、車を汚すことになる場合があります。

ワックスやコーティングは、劣化をすると雨などで車体に流れていってしまいます。特に油脂でできているものは、柔らかくて流れやすい性質を持っているので要注意です。

防ぐためには、定期的に洗車を行うようにしましょう。ワックスが劣化して油脂がこびりついてしまったままだと、時間が経過するにつれて更にひどい状態となってしまいます。

ウォータースポットとの違い

イオンデポジットとウォータースポットの違い

水が原因で発生する汚れには、「ウォータースポット」という汚れもあります。どういったものなのかを紹介していきます。

水がレンズになる

ウォータースポットとは、車体に残った水滴がレンズのようになり、降り注ぐ太陽光を一点に集中させてボディが焼きついてしまうものです。
子どもの頃、虫眼鏡を使って太陽光を一点に集めて、熱によって紙を燃やす実験をした経験はないでしょうか。それと全く同じ現象が車体で起こってしまいます。

虫眼鏡の実験のように、太陽光がレンズによって一点に集中すると、紙が焼ける程の高温の熱となります。これが水滴によって車体の上でも発生することになるので、高温の熱が車体を焼き、塗装面がダメージを受けてしまいます。

水滴がレンズとなって高温を発生させるので、太陽光の強さはあまり関係しません。そのため、夏以外の季節でも、太陽が出ていれば発生してしまうので注意しましょう。

イオンデポジットが進行するとクレーターになる

放置すると更にひどくなってクレーターとなり、塗装面は大ダメージを受けることになります。恐ろしさを知って、放置をしないように意識付けしましょう。

深い部分まで侵食する

クレーターが発生してしまったら、既に車体の深い層まで侵食されている可能性があります。ウォータースポットが発生した影響で塗装面にシミができ、それが更に進行してクリア層と塗装層に侵食し、穴が開いている状態になってしまいます。ボディは、上からクリア層、塗装層、下地層、ボディとなっており、この場合は既に下地層の上まで来てしまっていることになります。

また、イオンデポジットが発生すると、その部分に水が溜まりやすくなります。その結果、その部分に薄い膜のようなイオンデポジットが多く重なってしまい、それらが局所的に塗装を侵食してクレーターになってしまいます。放置するのがいかに危険かが分かります。

クレーターになってしまったら塗装する

車磨き専門店の技術とDIYのポイント

もしなってしまった場合、塗装面が窪んでいる状態であるので、簡単に修復ができません。発生してしまった場合の対処方法を紹介していきます。

軽度であれば対処可能

できたばかりの軽度のものであれば、コンパウンドを使用して対処できる可能性があります。できたばかりのものは、まだ深くは窪んでいません。

ボディには、普段のカーライフでできた傷が多数あります。それらの傷の深さと同程度であれば、一緒に磨くことでクレーターの窪みと傷の凸凹が滑らかに整えられ、窪みを消すことができます。

再塗装する

もし時間が経過して塗装層にまで侵食してしまったら、残念ながら研磨作業では対処ができません。塗装層まで達してしまっている場合は、再塗装を行う必要があります。対処ができるのは、塗装層の上のクリア層までと覚えておきましょう。

イオンデポジットをクリーナーで除去する方法

もしイオンデポジットを発見したら、進行してクレーターとなる前に対処を行いましょう。早めに対処を行えば、それだけ除去するのが楽になります。

クリーナーを使ってみよう

できて間もないようなものであれば、最初にクリーナーを使用してみましょう。まずは、ボディのほこりや砂などの汚れを取るために洗車を行います。その後、水分をきれいに拭き上げましょう。

そして、スポンジに適量クリーナーを付け、該当部分を磨きます。この際、あまり強くこするのはやめましょう。傷が付いてしまいます。磨き終えたら水ですすぎ、しっかりと拭き上げれば完了です。

クリーナーは、酸性の成分を含んでいることが多いため、あまり長い時間塗装面に付着したままになるのは避けてください。塗装面が傷んでしまう恐れがあります。
研磨作業で取ろうとする前に、最初にクリーナーを試してみましょう。研磨作業は強力に取り除くことができますが、強力な反面、塗装面を削ってしまいます。塗装面の厚さには限りがありますので、なるべく研磨をしないで除去するのが理想的です。

イオンデポジットをコンパウンドと洗車で除去する方法

もしクリーナーで除去することができなかった場合は、ある程度の深さまで侵食している可能性があります。そのため、研磨して除去する方法を試してみましょう。クリーナーよりも強力に除去することができますよ。

コンパウンドを使おう

コンパウンドを使って研磨作業をして除去しましょう。まずは洗車を行い、水分を拭き上げます。その後、コンパウンドを適量スポンジに取り、作業する周辺部分にスポンジを載せて上から数回押し付けましょう。これを行うことにより、ムラを防止することができます。

そして、磨き作業に入ります。磨く際は、縦と横に直線的にスポンジを動かしましょう。そうすればムラになりにくく、傷もつきにくくなります。円を描くように動かすと、同じ箇所を磨くことが多くなってしまうため、ムラや傷が発生しやすくなります。

研磨が完了したら、削った際のカスや残ったコンパウンドを、洗車をしてきれいにしましょう。その後、水分が残らないようにしっかりと全体を拭き上げましょう。

コンパウンドでイオンデポジットを取るときの注意点

コンパウンド作業は車体を削っています。そのため、誤った方法で行うと、塗装面に大ダメージを与えてしまいます。

軽く磨こう

研磨作業を行う際は、力を入れ過ぎずに優しく行いましょう。ポリッシャーを使用する場合は、車体にパフを軽く当てれば大丈夫です。力強く上から押さえつける必要はありません。力を抜いて軽くパフを当て、機械の重さを感じながら車の上を滑らせていきましょう。

スポンジでの作業の場合も同様です。上から押さえつける必要はありません。スポンジを軽くボディに当てて、あまり力を入れずに動かしていきます。

磨き傷は必ず発生

コンパウンドを使用して除去を行うということは、「ボディを削る」ということになります。そのため、多少なりとも磨き傷が発生します。しかし、なるべく傷が付かないようにすることは可能です。

コンパウンドは、なるべく目の細かいもので行いましょう。目の粗いものは、研磨力が強い反面、多くの部分を削ってしまいます。目の細かいものの方が、不要な削り取りが減るので安心です。

イオンデポジットを作らないための洗車方法

発生させないためには、普段のカーライフで意識して注意することが重要です。普段から注意していればかなり防げるようになるので、ぜひ知っておきましょう。

しっかりと拭き上げる

イオンデポジットがよく発生するシチュエーションは、洗車時です。洗車をする際は特に注意しましょう。

スポンジで洗車が終わったら、次の工程はすすぎ作業です。このすすぎ作業で車体に残った水分が原因となって発生することが非常に多いです。そのためにも、すすぎが終わったら車体全ての水分を完全に拭き上げましょう。

少しでも水分や水滴が残っていると、そこから発生してしまいます。「水滴一粒だけだから」と甘く見ていると、イオンデポジットの他にも、その水滴がレンズとなってウォータースポットを引き起こすかもしれません。特に、ドアノブやドアミラー、部品と部品の隙間などは水が残りやすい部分です。車体全てをチェックして、完全に拭き上げましょう。

屋根のある所に駐車する

できれば屋根のある場所に車を置くようにしましょう。屋根があることで、雨に濡れて発生するのを防ぐことができます。

雨は、風に乗って横から降ってくることもあるので、できれば四方を囲まれたガレージが良いでしょう。ガレージがないようであれば、カーポートの下に置いたり、車に防水カバーを掛けたりして雨に濡れないように車を守りましょう。

イオンデポジットができやすい車の色

実は、イオンデポジットができやすい車の色があります。該当する色の車をお持ちの方は特に注意しましょう!

濃色は発生しやすい

黒や深い青などの濃色の車は特に発生しやすいので注意が必要です。濃色は、熱を反射させる力が弱く、熱のエネルギーを吸収しやすいという性質を持っています。そのため、白などの淡色と比較すると、とても熱くなりやすいということになります。

濃色の車が太陽の日差しを受けると、ボディが高温になってしまいます。もし車体に水が残っていた場合、日差しを受けて高温になったボディが原因ですぐに蒸発してしまいます。その結果、イオンデポジットができやすいということになってしまいます。

熱したフライパンの上に水を入れると、すぐに蒸発してしまいますよね。それと同じことが濃色のボディでも起こります。

淡色も注意

太陽の日差しの下では、濃色の方が高温になって水が蒸発しやすいのは事実です。しかし、白などの淡色であっても、日光にさらされていれば水は乾いてしまいますし、それ以外の条件の場合でも、濃色と同じように発生はします。そのため、淡色も同じように対策が必要です。淡色であれば大丈夫ということではありませんので、注意しましょう。

ウォッシャー液を使うときの注意点

フロントガラスに砂ぼこりなどの汚れが付着して見えにくい時、ウォッシャー液を使用しますよね。実は、このウォッシャー液が塗装面に悪さをしてしまうことがあります。

液が車体に飛び散る

ウォッシャー液を使用すると、風や走行風などによって、フロントガラス以外のボディにも液が飛び散ります。雨の日であれば、飛び散ったとしても雨によって流されます。しかし、晴れの日だと、車体に残ったままとなってしまいます。

この車体に飛び散って残ったウォッシャー液が乾燥して、含まれる成分のみが残るとイオンデポジットとなってしまいます。フロントガラスの汚れを取って視界を確保する重要なものですが、車体にとってはあまり良いとは言えないことになります。

イオンデポジットになりやすい成分を含有

ウォッシャー液には、油汚れを分解しやすく凍結しにくい性質を持つ、アルコール成分が含まれています。その影響で、乾いた際にはイオンデポジットになりやすいという性質を持っています。

晴れた日のウォッシャー液の使用は、なるべく最低限にした方が塗装にとっては優しいことになります。
しかし、汚れで視界が悪いと事故に繋がる危険性があります。視界が悪いと感じた場合は、躊躇せずウォッシャー液を使ってくださいね。その場合は、なるべく帰宅後に洗車を行うと良いでしょう。

イオンデポジットは井戸水での洗車にも注意!

水道水ではなく、井戸水を使用しているというご家庭もあるでしょう。洗車をする時、井戸水を使用している方は要注意です!では、なぜ井戸水の場合は要注意なのかを説明していきます。

ミネラルが豊富

イオンデポジットは、ミネラルが車体に残ることで発生すると紹介をしてきました。井戸水は、水道水よりもミネラルが豊富である傾向にあります。

井戸水の場合、特にカルシウムやマグネシウム、カリウムなどの成分が非常に豊富です。そのため、水道水で洗車をするよりも、井戸水で洗車をした時の方が発生するリスクが高くなってしまいます。

ミネラルが蓄積される

井戸水で洗車をした場合、水道水よりも豊富なミネラルが災いして、すすぎ後にしっかりと拭き上げを完了させても「残留物」としてミネラルが車体に残ることがあります。井戸水での洗車を繰り返すことにより、この残留物が蓄積されていき、結果的にイオンデポジットの発生を促してしまいます。

井戸水の洗車の場合は、すすぎ後の水を完全に拭き上げたとしても発生してしまう危険があります。そのため、洗車にはなるべく水道水を使用するのがベストです。

洗車場に注意

特にマンションなどでお住まいの方の場合、洗車場や洗車機などを利用して車の洗車をする方も多いでしょう。その際も要注意です。

洗車場や洗車機でも井戸水を使用していることがあります。いつも同じ所を利用していて、すすぎ後にしっかりと拭き上げているのに発生してしまったら、井戸水を使用している可能性があります。その場合、同じ所で洗車をしないで他の場所を利用してみましょう。

鳥のフンはすぐに洗車しよう!

鳥のフンが付いていると、見た目的にも悪くてがっかりしますよね。鳥のフンのためだけに洗車をするのは面倒なので、今度洗車をする時に取ろうと先延ばしにしがちです。しかし、実は鳥のフンは非常に危険なので、発見したらすぐに除去しましょう。

鳥のフンは酸性

鳥は、虫をよく食べます。その虫は酸性であるため、虫を消化したフンは、自ずと酸性となります。そのため、車体に鳥のフンが付着しているということは、強い酸性の物が付着しているのと同じことになります。強い酸性なので、塗装面には悪影響を及ぼします。

放置してしまうとイオンデポジットとなり、強い酸で塗装面を侵食してクレーターとなります。そのため、鳥のフンを見つけたらすぐに取り除くことが大切です。

ウェットティッシュは控える

鳥のフンだけのために洗車をするのは面倒なので、ウェットティッシュでサッと拭いてしまいたくなります。しかし、ウェットティッシュには除菌のためにアルコールが含まれているものがあります。

アルコールが含まれているもので拭くと、アルコール成分が車体に付着して残ってしまいます。アルコールはイオンデポジットが発生しやすいので、使用には適していません。

また、アルコールが含まれていなくても、いきなりウェットティッシュで拭くのは危険です。車体に載っている砂ぼこりなどを一緒に拭いてしまうので、それらが摩擦することで車体に傷を付けてしまいます。

洗車をしよう

もし鳥フンを見つけたら、すぐに洗車をしましょう。面倒であっても、ボディのことを最優先で考えると洗車が一番良い対処方法となります。洗車の際は、水であってもシャンプーであっても構いません。とにかく早めに洗車をして除去することが大事です。

イオンデポジットはコーティングでも対策できる

コーティング施工をしていれば、イオンデポジットを防げる可能性があります。発生したあとの対処が面倒な方は、あらかじめコーティングで予防をすると良いでしょう。

親水性がおすすめ

施工を行うのであれば、親水性のものがおすすめです。もし撥水性のものであった場合、水が玉となってボディ上に残ります。
1個1個が軽いので、ルーフやボンネットに残った沢山の水玉は落ちていきません。その結果、乾燥してイオンデポジットの発生が起こってしまいます。

その反面親水性は、ボディ上の水が一つにまとまっていきます。まとまった水分には重さがあるので、ルーフやボンネットの上でも、重さによってサーッと下に流れていきやすくなります。そのため、水分が車体に残りにくく、結果的にイオンデポジットの発生率が少なくなります。

自分で親水性のコーティングをしよう

「GENESIS-Ω2」を使用することで、自分で施工を行い、親水性のボディへと変えることが可能です。

洗車後、クロスに液剤を吹き付け、濡れたままの車体に塗布していきます。そして、水で濡らした別のクロスで拭き上げれば施工完了です。これだけで親水性のボディを手に入れることができますよ。

イオンデポジットを予防したい方は、親水性のコーティングを施工しましょう。

手軽にスプレーしよう!おすすめのイオンデポジット除去剤

もしイオンデポジットが発生してしまった場合の、おすすめの除去剤があります。これを使用すれば、強力に除去してくれますよ!

「SPECIALE X01」がおすすめ!

スペチアーレシリーズは、一般で市販されているものとは一線を画す性能で、以前までは専門業者のみが使用できるプロユース仕様のケミカルでした。ユーザーであるプロから性能面でも高く評価され、その効果や性能はお墨付きです。

そんなスペチアーレシリーズのSPECIALE X01は、ミネラル系の汚れを強力・簡単に除去できることで評価が高い洗浄剤です!ボディにできたイオンデポジットやミネラル系の汚れに瞬時に反応して速やかに溶かします。効果が高いので非常におすすめですよ!

また、スプレータイプなので細かい部分や広い部分を簡単に施工することができます。初心者の方でも簡単に効率良く作業ができますね!

強力で簡単にイオンデポジットを除去するSPECIALE X01は、非常におすすめの洗浄剤です。

除去剤を使った洗車でイオンデポジット対策を!

イオンデポジットなどのミネラル汚れは、洗車時に残った水や雨天時の雨の付着など、普段のカーライフで発生する原因が作られています。車を所有している以上、いつ発生してもおかしくありません。そのため、普段から対策を欠かすことなく行うことが重要になります。

重症化させないことが大事なポイントとなるため、もし発生してしまったら、洗車後に除去剤ですぐに取ることが重要です。除去剤は、強力で簡単施工のSPECIALE X01を使用して、イオンデポジットに悩まないカーライフを送ってくださいね!

プロ並みの洗車と輝きを体験!

高級洗車セット