フロントガラスの水垢、ウロコの取り方を解説!汚れを落とすのは意外と簡単

フロントガラスの頑固な水垢汚れ

フロントガラスにいつの間にか付いてしまうのが水垢やウロコ汚れ。

頑固にこびり付いた水垢やウロコ汚れを放置するのは、視界を妨げ運転に支障をきたす場合もあり大変危険です。
市販のクリーナーを使えば、ほとんどの水垢やウロコは取ることができますが、こびり付いてしまったものはプロに相談するのがおすすめ。
今回は、フロントガラスの水垢やウロコについて解説します。

ガラスの水垢、ウロコとは?

フロントガラスの水垢汚れは危険

水垢やウロコはフロントガラスだけでなく、サイドやリアガラスにも付着する汚れです。ガラスに白い点々とした汚れが付着していませんか?それが水垢やウロコと呼ばれるものです。特にリアガラスや後方の窓には、黒っぽいプライバシーガラスが使われているため、白い汚れが目立っているのではないでしょうか?

水垢とウロコは同じ汚れですが、白い小さな丸が模様のように見えるため「ウロコ」と呼ばれています。

水垢、ウロコの原因

水垢やウロコは、雨や洗車時の水道水に含まれる不純物(炭酸カルシウム、ケイ素、カルキ、ミネラルなど)や、ワックス、コーティング剤などの油膜成分が原因です。
また、待機中のホコリや砂などのゴミも汚れの原因になります。

雨水や水道水がフロントガラスに付着すると、水分だけが蒸発していきます。
この時、不純物だけがガラスに残り硬く固まってしまうのです。これが水垢やウロコの正体です。

なんども蒸発を繰り返すうちに、汚れが厚みを増していくため落ちにくい汚れへと悪化してしまいます。

フロントガラスに水垢、ウロコは危険!

フロントガラスの汚れは、放置すると様々な障害を生み出します。

  • 見栄えが悪い
  • 安全性が脅かされる
  • 放置すると簡単に除去できない

水垢やウロコで汚れたフロントガラスで走行すれば、視界が確保できません。特に夜間の走行中は、対向車のヘッドライトや信号の光が乱反射してしまいます。結果、安全性が脅かされてしまい非常に危険です。

付着したばかりの水垢汚れは簡単に落とすことができますが、放っておくとあっという間に固着し、除去するのが難しくなってしまいます。

水垢、ウロコの落とし方

水垢はタオルでゴシゴシと擦ってしまうと、ガラスの表面が傷つくだけで効果はほとんどありません。

水垢を落とすには、専用の除去剤を正しい手順で使うことが一番のポイント。水垢除去剤は「研磨して頑固な汚れを落とす」「汚れを溶かして落とす」の2種類があります。

水垢除去におすすめ!「CAR MATE ウォータースポットクリーナー」

トリプル研磨粒子配合のウォータースポットクリーナーと特殊ファイバーパッドがセットになっています。
付属の特殊ファイバーパッドが力をうまく入れ易い作りのため、大した力も必要なくスムーズに除去作業ができウロコもしっかり除去できます。

14年かけて蓄積された頑固なウロコが10分でピカピカになったというレビューもあります。

付属のパッドに少量のウォータースポットクリーナーをつけ、あとは力を入れずにフロントガラスを優しく撫でるように動かします。
2分ほど撫で、一度水洗いをした後拭き取りをします。

水垢除去におすすめ!「SOFT99ウィンドウケア ガラスリフレッシュ」

ストロングインパクト研磨粒子配合、ループファイバーパッドのセットです。
各粒子の相乗効果により、ガラス表面の頑固な油膜からウォータースポットまでキレイに取り除きます。

ソフト99 ウインドウケア ガラコBLAVE(ブレイヴ) 04953

ウォータースポットクリーナーは含まれる研磨剤がとても強力です。使用上の注意は、しっかり守りましょう。
注意事項としては、以下があります。

  • フロントガラスの汚れは事前に水洗いで落としておく
  • ガラス専門ですので、塗装面などボディに使うことは厳禁
  • 念のため、まず目立たないところでテストをする
  • 手につかないよう手袋などをはめて作業する

酢も水垢除去に有効

酢は、よくキッチンの水垢取りにも使われています。酢は酸性であり、アルカリ性のフロントガラスの水垢を中和し除去することができるからです。

キッチンペーパーなどに酢を染み込ませ、気になる水垢部分に貼り付け湿布します。
あとは、15分~30分放置するだけ、はがして水洗いをし吹きあげをすれば完了です。

酢を使うときの注意点ですが、塗装面など他の部分に絶対につかないように細心の注意を払わなければならないことです。
酸性のため、塗装がはがれたりサビの原因になってしまいます。また、ゴムパーツに付着するのもよくありません。

ボディに水垢が付いているからと言って、フロントガラスと一緒に酢を使おうとしてはいけません。

水垢除去におすすめしないアイテム

車の水垢汚れに使ってはいけないアイテム

自分で水垢除去をする場合は、ウォータースポットクリーナーが大変おすすめです。
しかし、ネットなどでフロントガラスの水垢取りをすると他のアイテムもでてきますね。中にはおすすめできないアイテムもあるので紹介します。

メラミンスポンジ

メラミン樹脂が使われているメラミンスポンジ。レックの「劇落ちくん」が有名です。
100円から買えて洗剤いらず、水だけで簡単に汚れ落としができるのでご家庭で使われている人はとても多いですね。
メラミン樹脂を細かく発泡させて作られていますが、このときにとても細かい無数の網の目が作られます。この編み目が汚れを削っているのです。

メラミンスポンジの白いフワフワした形状からはちょっと想像がつかないですが、実は鉄よりも少し柔らかい程度の硬さを持っています。
この硬い状態のもので汚れを削るということであれば、フロントガラスが傷つくこともご想像できるのではないでしょうか?

もしフロントガラスに使うということであれば、事前テストをしてみてください。
安易に使うことはおすすめできません。

重曹

「掃除に重曹」が浸透してだいぶ経ちました。掃除には欠かせないアイテムとして人気です。

細かい粒子の重曹は、フロントガラスを傷つける心配はありません。この点は安心ですね。

しかし、アルカリ性のフロントガラスの水垢を弱アルカリ性の重曹で落とすことは難しいのです。
もちろん、日常の洗車で水洗い時に重曹を使うことはできます。

ただし、車専用のカーシャンプーは低価格のものもありますので、できるだけ専用のものを使うようにしましょう。

歯磨き粉

どの家庭にもあるということで歯磨き粉を使おうと考える人もいます。
しかし、歯磨き粉に使われている研磨剤はコンパウンドよりキメが粗いためフロントガラスが傷つく可能性があります。

フロントガラスの水垢除去は専門店に依頼できる

水垢の除去は専門店に依頼することができます。自分では落としきれない水垢も業者を利用すればキレイにすることができます。

水垢の除去を受け付けている業者には、以下があります。

  • カーディーラー(トヨタ、ホンダなど)
  • カー用品店(オートバックスやイエローハットなど)
  • 自動車ガラス専門店
  • ガラスコーティング専門店

水垢除去の目安料金は?

カーディーラーに依頼する場合、2,000円~4,000円
カー用品店に依頼する場合、1,500円~3,000円
自動車ガラス専門店など専門業者に依頼する場合、5,000円~9,000円

これらの料金は、水垢除去の単独作業のところもあれば、洗車やコーティング作業の中に水垢除去が含まれているところと様々です。

また、車のサイズによっても異なる場合があります。
ご利用の場合は、事前に問い合わせをすることをおすすめします。

ここで、「洗車工房」のウロコ取り&コーティングのサービスを例にとってみましょう。

「洗車工房」のウロコ取り&コーティング

フロントガラス磨きには、ガラス磨きとウロコ取り&コーティングが含まれいます。
料金は6,000円、施術時間は半日~1日程度です。

洗車工房では、専用の機械と研磨剤で丁寧にじっくりと水垢を除去していきます。すっきりとウロコを除去した後はフッ素での撥水コーティングが施術されます。このコーティングは1年間耐久のものが施されます。

水垢の度合い、そして自分でする場合の手間などを総合的に見て業者へ依頼するか決めると良いですね。

最後に、水垢が付くことを防ぐヒントをお伝えしましょう。

水垢やウロコを除去した後のメンテナンス

フロントガラスの水垢を除去したら、撥水系のコーティングをすることをおすすめしています。
除去するだけだと、あっという間に次の水垢が付着してしまいます。

水垢除去後に撥水加工をすることによって、水垢やウロコの原因となる成分がフロントガラスに直接付くことが避けられるため、汚れにくい環境を作ることができます。

ガラス専用のコーティング剤は、様々なものが売られていますが、塗りこむタイプのものは費用と時間がそれなりにかかります。

そこでおすすめなのが、「シュアラスターのゼロウォーター」です。ガラスだけでなく車のボディにも使用でき、初心者でも簡単に撥水加工することができます。

フロントガラスの汚れは水垢以外にも

フロントガラスに水垢汚れが付着してる場合、同時に油膜も付いている可能性があります。窓ガラスが「ギラギラしている」と感じたら油膜の可能性が高いです。

フロントガラスに付着した油膜を落とすには、30年以上前から販売されている「キイロビン」がおすすめです。
「キイロビン」は油膜取りの代名詞!ガラスのギラツキを確実に除去してくれます。

フロントガラスの水垢汚れを防ぐ!対策方法は?

窓ガラスを拭くコツ

100%避けることは難しいかもしれませんが、水垢は普段の意識次第でかなり防ぐことができます。

定期的に洗車をする

撥水効果の落ちたワックスは、逆に水垢の原因となります。それを避けるためには洗車が必要です。

雨の後はサッとでも洗車する、月に一度はどこででも良いので洗車をするなど自分のルールを決めてください。洗車の後は、しっかりと水気をふき取ることも大事です。
こまめな洗車によって汚れを溜めない、そしてワックスを塗ることで水垢を防ぐことができます。

コーティングをする

車のコーティングのメリットは色々ありますが、水垢の原因の一つである油膜への対策にも有効です。

コーティングには親水性と撥水性と2種類がありますが、水垢を防止したい場合は親水性がおすすめです。
撥水性を使うと水滴がレンズのようになって日焼けを起こしてしまうからです。

▶︎車のフロントガラスにおすすめのコーティング剤5選!窓を撥水させるポイントは?

フロントガラスの水垢、ウロコは早めに対策しよう

フロントガラスの汚れは、安全運転のためにも早めの除去をおすすめします。

また、水垢やウロコは固着する前であれば簡単に落とすことができる汚れ。日頃からこまめに掃除することが重要です。

水垢除去クリーナーを使っても落ちない汚れは、内側が汚れいている可能性も。角度的に掃除しにくいフロントガラスの内側の掃除方法は次の記事で紹介しているので是非参考にしてくださいね。

▶︎フロントガラスの内側の掃除方法!車好きが実践する汚れ対策5選と簡単な曇り止め

プロ並みの洗車と輝きを体験!

高級洗車セット