洗車でミネラルを除去しよう!コーティングすると付着しないってホント?

気が付くといつの間にか付着している水垢やシミなどのミネラル汚れは、洗車してもなかなか取れません。

ミネラルの汚れは、泥や砂などの普通の汚れとは全く異なった状態でボディに付着しています。

そのため、洗車をしてもミネラル汚れは除去しにくく、ひどい場合は専門店に依頼しなければ除去できない場合も。

そこで今回は、洗車でミネラル汚れを除去する方法や、もし専門店に依頼した場合の施工内容や金額などを紹介していきます。

車に付着しやすいミネラル

ミネラル取り洗車とは

ミネラル汚れは、気が付くと車にいつの間にか付いていることが多いですが、なぜ付いてしまうのか疑問に思う方も多いでしょう。実は、普段の生活とミネラル汚れには密接な関係があります。

ミネラルは無機質

まず、ミネラルとは「無機質」のものを指す言葉です。

無機質という言葉はあまり聞きなれませんが、普段の生活の中でも関わっていることが多いものです。

身近なものではミネラルは水道水に含まれています。
また、井戸水や雨にも含まれており、普段の生活でミネラルと接しない日はないとも言うことができるでしょう。

普段のカーライフで発生する

一見すると害はなさそうなミネラルですが、車にとっては厄介なものです。

車は、洗車をしたり雨や雪によって濡れる機会が多くあります。

ボディに残った水分が乾く時に水だけ蒸発して、カルシウムやカリウムといったミネラル分が白く残ってしまいます。

これが水垢やシミなどのミネラル汚れの正体です。砂や泥汚れとは、汚れの付き方が全く異なるために除去しづらく、非常に苦労することになってしまいます。

ミネラルが膜になった時の目安

ミネラル汚れがボディに蓄積すると「ミネラル膜」という膜でボディが覆われてしまいます。

水が弾かなくなる

ミネラル膜が付着すると、水弾きが悪くなります。
これは、ミネラル膜の親水性の性質によるもので、ボディ上の水分同士が結合しまとまってしまうために起こる現象です。

そのため、ボディ上の水分が水玉にならずに、だらーっと下に流れていくような場合、ミネラル膜が形成されている可能性が高いと言えます。

くすんで見える

次に、ボディのツヤです。

ミネラル膜は透明ではないため、膜が塗装面に覆いかぶさることで、色がくすんで見えるようになってしまいます。

今までのツヤがなくなってきたと感じたら、既に膜が作られている可能性が高くなります。

ガラス系コーティングとミネラルの関係について

ガラスコーティング とは

現在主流となっているガラス系コーティングは、濡れたような美しいツヤとガラスの硬い被膜によって高い防汚性能を発揮するのが特徴です。
また、その効果が長く続くと言うメリットもあります。

では、ミネラルとはどういった関係性があるのでしょうか?

性質が同じ

ガラスもミネラルも同じ無機質です。

無機質同士のものは結び付きやすい性質を持っているため、実はガラス系コーティングはミネラル汚れが付着しやすいんです。

しっかりと洗車をして拭き上げる

ガラス系コーティングとミネラルは結び付きやすい性質を持っていますが、コーティング施工によってボディー表面の凸凹が滑らかになっているので、簡単な洗車で汚れを落とすことができます。

ガラスコーティングをすると洗車不要!と思ってる方が多いかもしれませんが、実は洗車はすごく大切なメンテナンスになります。

ガラスコーティングは洗車をしなくてもいいのではなく、簡単な洗車でも汚れが落ちやすく、艶を維持できるものになります。

洗車をした時は、ミネラルの原因となる水分はしっかりと拭き上げるようにしましょう。

ミネラルが付着したときの状態

水弾き効果が薄れる

車体にミネラルが付着してしまうと、その部分だけ極端に水弾きが悪くなってしまいます。

ワックスやコーティングなどで水弾き効果のある保護膜を形成したとしても、その上に親水性のミネラル膜が積み重なることによって、水弾き効果が薄れてしまいます。

先述したように、親水性は水を弾くことはなく、水同士を結び付けます。その結果、車体の上の水分が集まるようになり、水ハジキを感じることがなくなります。

ボンネットやルーフは要注意

車体の中でも、特にボンネットやルーフなどはミネラルが残りやすく、白いシミとなりやすい傾向にあります。

ボンネットやルーフの形状は、両方共に水平で面が平であることがほとんどです。

よって、水分が流れていかずにいつまでもボディ上に残ってしまいます。
そのまま水分だけが乾燥してしまうと、ミネラル分のみが残り白いシミになるのです。

専門店でミネラル除去をする場合

もし、以前よりも水の弾きが悪くなってきたり、ボディのツヤがなくなってくすんで見えたりするようになってしまったら、一度専門店に見てもらうのも良いでしょう。

プロの目で、愛車の状態を的確に判断してくれますよ。

ミネラル取り洗車

ミネラル膜が発生しているようであれば、専門店でミネラル除去施工をしてもらうのも良いでしょう。
キーパーではミネラル層の除去に特化した「ミネラル取り洗車」や「艶PACK」という施工があります。

これらは、既に施工してあるコーティングの保護膜の上にできたミネラル層のみを、ピンポイントで除去するというものです。
コーティング面を傷つけるミネラル汚れのみ除去してくれますよ。

また、「艶PACK」はコーティングをしていないボディーにも施工することができます。

キーパーのミネラル取り洗車

ガラス系コーティングに施工可能

ミネラル取り洗車は、ガラス系コーティングをしてある車に施工ができます。

ガラスコーティングではなく、ポリマーコーティングをしてある車には施工を行う必要はあまりありません。

なぜなら、ポリマーコーティングは有機質なので、無機質のミネラルは付着しにくいからです。

また、「艶PACK」はキーパーコーティング車だけでなく、他社のものであってもミネラル除去が可能です。

関連記事

キーパーコーティングで「クリスタルキーパー」や「ダイヤモンドキーパー」を施工したのに、気づいたら水ハジキが鈍くなったと感じていませんか? また、キーパーコーティング以外のコーティング剤を施工した方も、水のはじき方が鈍くなって悩んでいる[…]

ミネラル取り洗車とは

水洗車でミネラル除去する方法

ガラスコーティング すると水だけで汚れが落ちやすい

ミネラル汚れがひどい場合は、専門店での除去がおすすめですが汚れがひどくなる前であれば、水洗い洗車で落とすことができるかもしれません。

付着してすぐのものは落とせる

車に付着したミネラル汚れが付いてから時間が経過してないものであれば、水だけで落とすことができます。
付いたばかりのものは、ボディやコーティングの保護膜に軽くのっているだけだからです。

水で落とす際は、たっぷりの水をかけながらクロスやスポンジで洗いましょう。
水で汚れをふやかし、埃や泥汚れを流すことで洗車傷からボディーを守ってくれます。

水洗い洗車の後は、柔らかいマイクロファイバークロスなどで、しっかりと水分を拭き上げましょう。
この作業を雑にすると、また新たなミネラル汚れが付いてしまいます。

天候に注意

洗車はできるだけ気温が高くない日を選びましょう。
気温が高く日差しが強い日は、ボディの上の水分が猛スピードで蒸発してしまい、水アカになる原因になってしまいます。

また、風がない日を選んで行いましょう。

風が吹いていると、砂ぼこりがどこからともなく舞ってきます。

その舞ってきた砂ぼこりが、ボディに蓄積したまま作業を行うのは危険です。
砂ぼこりごと巻き込んで作業をしてしまうので、ボディをヤスリで磨いているような状況になってしまいます。

関連記事

車の手洗い洗車はごく一部のクルマ好きが行うものと思っていませんか? 「手洗い洗車は難しそう」「とりあえず洗車機」という方も多いですが、洗車機を使いすぎると無数の細かいキズがボディーに付いているかもしれません。 パッと見は目立たな[…]

自宅で洗車するには?上手に洗う方法や注意点

カーシャンプーでミネラル除去する方法

車のおすすめ洗車方法

もし水洗車を行っても落とせなかった場合はカーシャンプーを使用しましょう。

油性のミネラルもある

汚れが、水洗車で落ちなかった場合は、「油汚れ」の可能性があります。

油がびっしりと付いたフライパンを水だけで洗っても、きれいに落とすことはできませんよね。
それと同じで、ミネラルに油が混じってしまうと、水の力だけでは落とすことはできません。

水垢と聞くと、「水」だけが原因と思ってしまいますが、油が原因の水垢もあります。
車のパーツには、さまざまな箇所にグリースやオイルなどが使用されています。
それらの油が付いたボディに、水が付いて乾燥することで油性の水垢が発生してしまいます。

また、大気中に漂う工場や車の排気が雨に混じって降ることで、それが乾燥することでも油性の水垢が発生します。

しっかりと泡立てる

水洗車だけでは落とせなかったら、シャンプー洗車を行いましょう。

バケツの中にシャンプーを適量投入し、ホースのジェット水流で勢いよく水を入れていきます。そうすることで、非常に沢山の泡を作ることができますよ。この沢山の泡がとても重要です。

シャンプーは、液体の成分の力で汚れを落とすというよりは、泡の力で汚れを落とすケミカルになります。ボディの上にたっぷりな泡を載せ、上からスポンジで滑らすようにして作業をします。これにより、豊かな泡が汚れを浮かせて取り除いてくれます。また、スポンジをボディに押し付けることがないため、洗車傷を防ぐこともできますよ。

ミネラルが固着したら除去剤を使おう!

シャンプー洗車をしても落とせない場合は、既にミネラルが固着している可能性があります。
固着してしまった場合は、ミネラル汚れ専用の除去剤を使ってみましょう。

固着したものは洗車で除去は不可能

できて間もないミネラルであれば、ボディに軽くのっている状況なので落とすことは可能です。
しかし、時間が経過してしまうとコーティングの被膜部分や、ボディの一番上の層である「クリア層」などに固着してしまいます。

こういった箇所に侵食して固着してしまうと、シャンプーの泡では浮かせて取ることはできません。
もっと強力に取り除く必要があります。

ミネラル除去剤を使用して落とそう

ミネラル除去剤には、研磨剤成分が配合されているものや、界面活性剤などの成分が入っているものなどがあります。

研磨剤成分配合の除去剤は、粒子によって物理的にミネラルを削り取って落とします。

しかし、粒子がボディやコーティング被膜までも傷つけてしまうというデメリットがあります。
作業の際は、力をいれすぎないように注意しましょう。

また、界面活性剤などの成分が配合されているものは、成分の力で汚れを浮かせて落とします。
被膜やボディに傷が付きにくいというメリットがあります。

しかし、除去力は研磨剤成分が配合されているものの方が高いと言えます。

おすすめのミネラル除去剤

研磨成分が入っていないのに、簡単にミネラル汚れが落ちるケミカルを紹介しましょう。
GENESIS 水染み除去剤」はミネラルなどの水染みを落とすために開発されたケミカルです。

塗装面にダメージを与えず、効果を最大限引き出すことを目標に作られているため、コンパウンドなどの研磨剤は使用されていません。
そのため、全カラー対応なのが嬉しいですね。

ミネラル汚れ(雨染み)が気になる方はぜひ試してみてくださいね。

コーティングにミネラルを付けない対策

コーティング被膜にミネラルが固着してしまうと、除去に大変な労力が必要となります。
あとで苦労しないためにも、これから紹介する対策をしっかりと行っていきましょう。

定期的に洗車する

コーティング被膜があったとしても、定期的に洗車を行うことは非常に重要です。

被膜を作れば、汚れが全く付着しないかのようなイメージがありますが、実際は違います。
「汚れが付きにくく落としやすい」という効果であり、無施工車と同じように汚れは付着するので、定期的な洗車は必要になります。

定期的な洗車で初期段階でミネラル汚れを除去し、水分をしっかりと拭き上げることで新たな汚れが付着するのを防ぎましょう。

専門店に洗車を依頼

もし、自分で洗車をする時間がないのであれば専門店で洗車をしましょう。

ガソリンスタンドのムートン手洗いや、キーパーでの洗車がおすすめです。

もちろん料金はかかりますが、ミネラル汚れが固着してしまった場合、除去するのにさらに高額になることもありますよ。

どういった形であれ定期的に洗車をする方が、ミネラルからボディを守ることになります。

車庫に保管しよう

一番簡単な対策は、車を保管できる車庫などがあればそこで保管し、雨に濡れないようにすることです。
雨に濡れなければ、ミネラル汚れの発生源である水分が付着することはありません。

車庫がない場合はカーポートや青空駐車になりますが、車を防水カバーで覆えば雨で車体が濡れるのを防ぐことができます。

ただし、カバーはかなり面倒です・・・。

適切な洗車でミネラル付着を予防!洗浄剤で除去しよう

ここまで、ミネラル除去の方法や、業者へ依頼した際の内容などについて紹介をしてきました。ミネラルは、放置して時間が経過すると、除去するのに大変な苦労が必要だということをお分かりいただけたのではないでしょうか。

普段のカーライフで付着しやすいミネラル汚れは、適切なタイミングで洗車を行っていくことで予防することができます。

洗車しても取れない場合は、「GENESIS 水染み除去剤」などの専用ケミカルで早めに取り除くことが重要です。

普段からミネラルのことを忘れずに意識して対策し、しつこい汚れに悩むことのない素敵なカーライフを送ってくださいね!

プロ並みの洗車と輝きを体験!

高級洗車セット