泡で洗車するメリットとおすすめ洗車フォームガン5選!

洗車方法は、スポンジに泡をたっぷりつけて洗うシャンプー洗車と、水だけで車を綺麗にする水洗い洗車の2種類があります。

洗車をする時の「泡」は、洗浄力だけでなくボディとスポンジの潤滑剤にもなる重要なものです。
泡が多ければ良い!というわけではありませんが、モコモコの泡で車を洗うのは気持ちいいですよね♩

この記事では、泡を使った洗車方法や洗車フォームガンについて紹介します。

洗車は泡が大活躍!その理由は?

洗車傷をつけないためには泡で洗うことが重要

あなたは愛車を長く綺麗な状態で乗り続けるために、普段何に気をつけていますか?

荒い運転はしないことや、定期的にメンテナンスをするといったことを思い浮かべる方が多いと思います。
勿論それらも大切ですが、愛車を長くきれいに保つためには普段からこまめに洗車することも大切です。

そして、洗車といえば「泡(フォーム)」です。 泡は、汚れを浮かして分解する力と、スポンジと塗装面にクッションの役割をしてくれます。

手洗いで優しく擦ったとしても、スポンジと塗装面の摩擦により洗車キズはゼロにはできません。
しかし「泡(フォーム)」という緩衝材があることで、洗車傷のリスクは軽減されますよ。

ガラスコーティングをしている車は、水洗いだけできれいになることもありますが、泡のクッションでコーティング皮膜を傷めず、保護効果も長く発揮することができます。

上手な泡の作り方

バケツでモコモコの泡を作るためのポイントを紹介します。

  1. バケツにカーシャンプーを入れる
  2. 普通の水圧でシャンプーめがけて水を入れる(入れる水量の半分程度)
  3. 最高水圧でホースを動かしながら水を入れる

モコモコの泡を作るにはいくつかのポイントがあります。
まず、カーシャンプーは規定量より少し多いかな?と思うぐらいがベスト!とはいえ、毎回測るのって面倒ですよね。何回か洗車をすると自分なりの目安量ができるので、細かいところまで気にしなくて大丈夫ですよ。

カーシャンプーをバケツに入れたら水で希釈していきます。初めから高い水圧の水を入れても泡立ちますが、思った以上に周囲に飛び散ってしまいます。
初めは普通の水圧でカーシャンプー溶かすイメージで水を注ぎます。

規定量の半分程度の水をバケツに入れたら、最高水圧に変えてください。もし、水圧を変えれないホースの場合は、水の出口をつまむだけでも効果があります。
最高水圧で水を入れると、ここまで大き目の泡だったものがきめ細かい泡になります。

洗車中に泡が消えてきたら、もう一度最高水圧の水を入れるか手で撹拌してみましょう。元の泡に戻りますよ。

洗車フォームガンを使ってみよう!

フォームガンとは

洗車時に泡にこだわりたい方には、「洗車フォームガン」がおすすめです。

洗車フォームガンとは、ホースに取り付けることで、水とカーシャンプー が混合され放水することができる洗車用品です。

コイン洗車場にある高圧洗浄機の簡易版をイメージすると良いでしょう。 泡(フォーム)になったカーシャンプー を満遍なく車にかけることができるので、洗車時間の短縮にもなります。

また、高圧で放水できるタイプの洗車フォームガンを使えば、ブレーキダストや下回りの泥や融雪剤も簡単に洗い流すことができますよ。

洗車フォームガンの使い方

洗車フォームガンはホースに繋ぐだけのものと、コンプレッサーにつないで高圧で使えるものの2種類があります。
使い方はどちらも同じです。

①水道水でホコリやゴミを落とす

洗車フォームガンをつける前に、水で車全体のホコリやゴミを落としましょう。
この工程は、洗車フォームガンを使う場合だけでなく車を洗う時に重要な工程で、ボディーに洗車傷が付くことを軽減することができます。

②洗車フォームガンで汚れを落とそう

大きな汚れを水で流したらいよいよ洗車フォームガンの出番です。
洗車フォームガンを取り付けてカーシャンプーと水道水を車全体にかけていきます。

この時、泡は下へ流れていくためボディの上からタイヤの方へ向けて流していくと良いでしょう。

③泡を水で流す

泡に包まれた車の汚れは、この時点でだいぶふやかされています。
気になる汚れがある場合は、スポンジで優しく洗いますが何もせずカーシャンプー を洗い流しても大丈夫です。

泡が残ってしまうとシミの原因になるので、しっかりと流すようにしてくださいね。

④ボディの水滴を拭き取る

最後に、ボディについた水分をクロスなど吸収性が高く柔らかい布で拭き取ります。
水道水にはカルキなどのミネラル分があるため、自然乾燥させてしまうとせっかく綺麗になったボディに汚れやシミができてしまいます。

基本的な洗車方法は次の記事で紹介しています。参考にしてくださいね。

▶︎洗車のやり方を写真付きでプロが伝授!コツを掴んで洗車を楽しもう

洗車フォームガンの注意点2つ

フォームガンを使用するときは2つの注意点があります。

洗車する場所

周囲に洗濯物や水がかかって困るものがないかをよく確認してしてから使いましょう。
また、フォームガンは水などが勢いよく発射されるので水が、地面に当たったときに反発して石などを跳ねあげてしまうことがあります。
使用時は周囲の環境に気をつける必要があります。

天候

手洗いのときと同様ですが、暑い日差しの日に使うとシャンプー泡が乾きやすくなり、汚れが落ちにくくなるだけでなく、シミの原因になります。くもりなど日差しがおだやかなときを選ぶことが重要です。

おすすめの洗車フォームガン

洗車フォームガンは、「ホームセンター」「カー用品店」「ネット通販」などで購入することができますが、ホームセンターやカー用品店は場所によっては置いてないことも。また、品揃えはあまりよくない商品です。

洗車フォームガンは通販で購入すれば、種類も多く気に入ったものが買えますが、どれを買えば良いの?と迷ってしまうことも。
そこでここからは、おすすめの洗車フォームガン5選を紹介します。

コンプレッサー不要でホースにつけるタイプの洗車フォームガンです。
人気の秘訣は専用のジョイントが付属しているものを購入すれば、届いたその日からすぐに使えるので便利な点です。
希釈は6種類から選べて、ダイヤル式で簡単に設定することができます。

こちらの商品もコンプレッサー不要です。
8種類のスプレーパターンで車の隅々まで放水することができます。
大容量(100ml)で泡と水の流れを制御できるため、汚れに合う泡を調整できます。
取り外しも簡単なので女性にもおすすめ!
車だけでなく、窓や外壁など様々なシーンで活躍します。

フォームガン 洗車ガン ウォッシュガン 泡洗浄機 1Lボトル フォーム調節可能 ノズル付き 洗車グローブ 洗車タオル 3in1洗車用品セット
CleanDell

コンプレッサー不要でホースにつけるタイプも洗車フォームガンです。
高密度で高濃度の泡が作れると評判の洗車フォームガンです。
洗車グローブと洗車用タオルが付属されているので、すぐに洗車をすることができます。

水道の圧だけで使える洗車フォームガン。
高圧のものに比べると泡の出かたが弱く物足りませんが、ホースに繋ぎたい方におすすめの洗車フォームガンです。
自宅の限られたスペースで洗車をする人におすすめです。

created by Rinker
CHOUCHOU
¥3,280 (2020/10/19 12:54:13時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのタイプはコンプレッサーが必要な洗車フォームガンです。
コンプレッサーの性能にも左右されますが、きめの細かいクリーミーな泡ができると評判の洗車フォームガンです。

番外編

ケルヒャーのKシリーズの高圧洗浄機をお持ちの方は専用のフォームガンがあります。

プロ仕様なので満足度が高い泡を作ることができます。
ケルヒャーの高圧洗浄機は価格も低めなので、一家に一台あると便利ですよ♩

洗車フォームガンを使えば、簡単に車をモコモコの泡で包むことができます。
基本的には、泡を吹き付けた後水を流せば良いのですが、汚れが気になる方はスポンジやクロスで洗いましょう。

ここからは、泡を使った洗車方法を紹介します。

泡を使って洗車をしよう!

せっかくキメの細かい泡でも汚れたスポンジを使い続けてゴシゴシ洗ってしまうのはNGです。
洗車専用の柔らかい素材のスポンジやクロスに、たっぷりの泡をつけて優しく洗うようにしましょう。

スポンジは素材によって作業効率も変わってくるので、それぞれの特徴を見てみましょう。

泡洗車に使うスポンジの種類

ムートン素材

洗車スポンジ(ムートン)

ムートンは一見柔らかそうに見えるのですが羊の毛で作られているため注意が必要です。

羊毛は、研磨道具でもあるポリッシャーにも使われている素材で、実は繊維1本1本は硬め。
「ムートンで洗車したのに傷ついた!」という声も聞こえてきます。

もし、ムートンで車を洗う場合はゴシゴシとこすらないようにしましょう。

洗車用スポンジ

洗車スポンジ(ウレタン)

一般的な洗車用スポンジはウレタン素材のものです。
カーショップで洗車セットを買うとついているのも、大体このタイプですね。

泡立ちが良いですし、何よりも安く購入できるので、車に常備しておくとちょっとした洗車にも便利です。
例えば、車体の一部分にちょっとした汚れを見つけた場合に、運転していると気になってくる方もいらっしゃると思います。
そういった汚れを見つけた時用に、常にウレタンスポンジを常備してると帰宅してすぐにそこだけ洗車するということもできます。

部分的にきれいにしたいときはスポンジをちぎって使うことで細かい場所の洗車にも使えて便利ですよ。
ウレタンスポンジには密度が高く硬めのものと密度が低く柔らかいものの、2種類があります。
頑固な汚れには硬めのものが効果的ですが、傷がつきやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

どちらのスポンジも手に入りやすく安いものですので、ご自身に合うものを試して比較してみるといいですよ。

洗車用クロス

最後におすすめするのが洗車用のクロスです。
3つの中では一番傷がつきにくいだけでなく、薄手で手にフィットするので細部まで丁寧に洗うことができます。

特におすすめなのが、プルーフショップの洗車用クロスです。
難ありと記載されているものもありますが、コーティング専門店でも実際に使っており、問題なく使うことができます。

洗い用だけでなく、拭き取り用のバスタオルもかなりおすすめです。

【輸入後未チェック品】瞬乾♪マイクロファイバーエコバスタオル60×120cm ブルー

タイヤを泡で洗うときの注意点

車のホイールを綺麗にする方法

ホイールとタイヤは最初に洗う

洗車をするときは、車体の高いところから低いところに向かって順に洗車していくことがセオリーです。
汚れた泡は上から下に向かって垂れてくるため、下から洗うとまた汚れが付着してしまいます。
効率を考えて、屋根部分から下に向かって洗車していくようにしましょう。

ただひとつ例外なのが、一番下のタイヤ・ホイールです。

タイヤ・ホイールはボディと比べ地面に接近しているため泥や油汚れが付きやすく、最後に洗車をするとせっかくきれいにしたボディ部分に汚れが跳ねて、二度手間になってしまう可能性があります。
ホイールとタイヤについては一番先に洗うことがポイントです

ホイールやタイヤを洗う時の注意点

タイヤのゴムは非常にデリケートにできており、泡(洗浄剤)を長い間付けたままにしておくと劣化が早くなってしまいます。
また、ブレーキローターなどの金属部分が錆びてしまい劣化の原因になることも。

泡をつけて洗ったあとはすぐに水で洗い流しましょう。

タイヤの洗い方

それでは、実際にタイヤを洗っていく手順をご紹介します。

①タイヤを素早く水洗いする

この時は強い水圧はいりませんので、軽いホコリを落としたり汚れを濡らしてはがれやすくする程度でOKです。

②スポンジやクロスで洗う

スポンジやクロスにしっかりと泡をのせ、ゴム部分とホイールの隙間を洗います。
ホイールの隙間は狭く洗い残しがちになりますので、ウレタンスポンジを小さくちぎって使うと洗いやすいですよ。

③泡を流す

洗い終わったら洗剤が残らないようにしっかりと水で流しましょう。

関連記事

オシャレは足元から! 車のボディーばかりに目がいってませんか?ホイールは、タイヤの跳ね上げた汚れやブレーキの粉塵などによって非常に汚れやすい部分です。 どんなにボディがきれいでもホイールが汚い車は美しい見た目とは言えません。 […]

車のホイールを綺麗にする方法

ボディを泡で洗う方法

正しいシャンプー洗車の方法

タイヤが洗い終わったらいよいよボディです。

タイヤと同じように水をかけて、あらかたの砂やほこりなどを洗い流します。
この時ボディの一番上から下に向けて順に流していくのがポイントです。
ワゴンタイプの車は背が高いため脚立を使って効率よく全体に水をかけましょう。
このとき脚立がボディに当たって傷が付いてしまったというのもよくある話ですので、十分に注意することはもちろんのこと不安があれば脚立にタオルを巻くなどの対策を取りましょう。

ボディを洗う時のスポンジですが、必ずタイヤのものとは別のスポンジで洗うようにしてください。
タイヤの洗浄でついた汚れがボディに付かないようにするのと、汚れが付いたままこすって傷を付けないためです。

バケツの中に汚れがたまっているかもしれません。
タイヤを洗った後は、一度バケツもきれいにリセットしてボディ用の泡を作り直しましょう。

プロが教える洗車方法をぜひ参考にしてくださいね。

▶︎洗車のやり方を写真付きでプロが伝授!コツを掴んで洗車を楽しもう

泡を流すタイミング!洗車しながら流そう

こまめに水で泡を流す

たっぷりの泡を使って洗車をした場合に注意したいのが、泡の乾燥です。
天気の良い日は車を洗ってる間に、カーシャンプーが乾いてしまうことが多々あります。

これはシミの原因になりボディーを傷めつけてしまうのです。

洗車シミを避けるためには、パーツごとに泡を流すことがポイント!

ボディの上からいくつかの部位ごとに分けて洗います。
例えば、屋根、ボンネット、サイド、後ろ、と部位ごとに上から下に向けて一定の方向で洗車をして洗い流すを繰り返し行うことで、乾燥してしまうリスクを低減することができます。
洗った箇所を水で流しながら洗車を進めれば、効率的に進めることもできます。

カーシャンプーの選び方を紹介!

続いては、カーシャンプーの選び方をご紹介します。
カーシャンプーはある程度汎用性が高いのが特徴ですが、用途ごとに適切なシャンプーを選ぶことが大切になってきます。
例えばボディの色ごとに使用できるシャンプーはホワイト、パール、シルバー系の車用シャンプーと濃色車用シャンプーとで別れます。

ホワイト車用シャンプーの特徴としては研磨剤が含まれていることがあり、コンパウンド(磨き粉)で表面を削る事により汚れをこそぎ落とすことができます。
濃色・メタリックの車にコンパウンド(磨き粉)で誤って洗車してしまうと、艶がなくなり曇ったような色合いになってしまいますので、十分に注意しましょう。

濃色・メタリック用はコンパウンドが非常に細かくて少ないか、入っていない場合がほとんどですので、カラーによって適切なカーシャンプーを選んでください。

水垢を落とす能力、頑固な汚れを落とすと書かれているものにはコンパウンドが多く含まれている場合があります。
この2種類のカーシャンプーは間違えて洗車をしてしまうと最悪の場合車に傷が付いてしまうこともありますので、くれぐれも間違わないようにしてください。

同じ車でも使用年数でシャンプーを替える

同じ車でも乗車した年数でシャンプーを替えた方がよい場合があります。
新車で購入したばかりの車は5年ほど経過するまでは塗装の保護を目的としたコーティングがされていることがありますので、メンテナンスシャンプーを使用することをおすすめします。
コーティングの働きとしては

  • 汚れの付着を防止する
  • 表面の定年劣化による変色防止
  • 艶・輝きを保持する

などがありますので、メンテナンスシャンプーを使わなければコーティングを痛めてしまうことになりかねません。
そのため、自分の車にあったものを使うことがシャンプー選びには重要なポイントとなります。

一方、2年経過した車で水はじきがイマイチであったり、細かな傷が目立つボディーにはキズ消し用のシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか?

シャンプー選びのポイントをまとめると

  1. 車のカラーに合ったシャンプーを使う。
  2. 新車の場合はメンテナンスできるものを使う。
  3. コーティングをしている場合としていない場合で、適切な洗浄ができるものを選ぶ。
  4. 経年ごとに傷が付きやすいので、傷消し効果のあるものを使う。

以上のことを注意してシャンプー選びの参考にしてみてください。

Speciale MAG

洗車をする時に必要なカーシャンプー。多くの商品が売られていますがあなたはどのように選んでいますか?今回はカーシャンプーの…

プロがおすすめするカーシャンプー

ミネラルオフシャンプー

ボディに残った水滴はイオンデポジットになってしまい、シミのようになって残ってしまいます。

イオンデポジットとは、雨が降った後や洗車をした後に斑点もしくは鱗状の白い跡のことをいいます。
水道水にはミネラル成分が含まれていますが、水分のみ蒸発しミネラル成分がボディに残り、白い輪っかのような跡が残ります。
すぐに除去しないと次から次へと堆積していき、さらに日差しの熱により硬度が増していきます。

そうした白いシミ(イオンデポジット)を予防することができる、汎用的な自動車用洗剤とは一線を画す特別な洗浄剤スペチアーレシリーズの「ミネラルオフシャンプー」です。

特別な理由は、何と言ってもプロのコーティング専門店がプロデュースしたカーシャンプー。
こだわりの愛車オーナーのために開発されたものなんですよ。

ミネラルオフシャンプー」は普段の洗車時に、極初期のイオンデポジットを予防し軽減しながら洗浄する事で、一度作り上げた光沢を長期間維持する為の手助けをします。
スポンジやクロスにつけて泡立てて洗浄することで適度にスリップさせながら洗浄する事が可能となり、コーティング被膜に対しても傷める事なく安全に洗車することが可能となります。
先ほどのカーシャンプーの選び方でも説明しましたが、新車やコーティングしている車ではこういったシャンプーを使うことで、光沢効果が長期間維持できるようになります。

また、車のコーティングをする前の油汚れを取る工程に使用することで真っさらな塗装面へと生まれ変わり、新たにコーティングするときの最終下地処理として使用するのも効果的です。
大切にしている車ですから、汎用シャンプーとは別にこういった商品を使って、長くきれいな状態を維持していきましょう。

スペチアーレシリーズのカーケア商品はこちらでチェックできます。

SPECIALE Official Shop

あなたの愛車の洗浄からコーティングまで、簡単作業でプロの仕上がりに。SPECIALEシリーズは、「洗車」→「SPECIA…

洗車はカーシャンプーのきめ細かな泡で愛車の光沢を維持しよう!

最後に改めて洗車をするときの重要なポイントをまとめました。

  1. きめ細かなカーシャンプーの泡で洗い傷を付けないようにすることがとても重要。
  2. 泡を流すタイミング、泡のすすぎ残し、水分の拭き上げがポイント。
  3. 車の状態にあったシャンプー選び

今回紹介した洗車方法とポイント・注意点を押さえながら何回か手洗い洗車を行うことで、スムーズに車が洗えるようになると思います。
そうすれば洗車をしようという心理的な負担も楽になっていきますので、ぜひ一人でも多くの方に「洗車の楽しさ」を知っていただけたら嬉しいです。

プロ並みの洗車と輝きを体験!

高級洗車セット